漫画完結作品

たぬきときつねと里暮らし 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

東京
たぬきときつねと里暮らし 3 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ

著:くみちょう
出版社:集英社

仕事を辞め秩父落葉町の祖母宅で大人の夏休みを取る事にした古畑泰葉(ふるはた やすは:26)。
彼女は野生化した神様だという二人の少女、たぬきのももときつねのいちと出会い……。

広告

登場人物

春菜(はるな)
泰葉の友人
セミロングの陽気な女性。
引きこもり気味な泰葉とは逆に、明るく賑やかな性格。
仕事を辞め、祖母宅に引っ越した泰葉を心配し彼女の下を訪れる。

みゃーちゃん
ももといちが山の猫から捜索を頼まれた猫
だいなまいとぼでーの白猫。

あらすじ

仕事を辞め祖母宅でたぬきのももときつねのいちと、のんびり過ごしている現在無職の泰葉。

その泰葉の下に友人の春菜がやってくる。
アグレッシブな彼女のウザ絡みにたじろぎつつも、泰葉は春菜、そしてももといちと共に落葉町のパワースポットを巡り、久方ぶりの友人との再会を楽しんだ。

その後、泰葉の祖母宅に泊まるつもりだった無計画な春菜にため息をつきつつ、彼女を連れて家へと向かう事に。

「疲れんのよ。あんたのペースに付き合うの……」
「そうは見えないけどなぁ」
「……え?」

いちの言葉に泰葉は思わず首をかしげる。

「だって今日のやすは、いつもより元気だもん」
「はえ?」

思わず赤面した泰葉の肩に手をかけ、春菜はニヤッと笑みを浮かべたのだった。

広告

感想

今回は冒頭、泰葉の友人、春菜のお話から始まり、春菜とばあちゃん、ももといちと乗り物、猫探し、落葉町の紹介記事、ももといちと東京、泰葉のこれから等が描かれました。

都会と仕事に疲れた元OL泰葉の大人の夏休みを描いた本作も、この巻で完結。
今回はいつも通り、ももといちとの暮らしを描きつつも、泰葉の今後についてが語られました。

仕事というのは本来、誰かの役に立つ、誰かを助けるものだと思うのですが、なんだか日本は会社の利益を優先するあまり、仕事のための仕事になっているように感じます。

作中、泰葉は過疎化、高齢化の進む落葉町の魅力をアピールするため、役場に勤める祐介(ゆうすけ)から記事の執筆を依頼されます。
泰葉は慣れない仕事に悩みながら取り組むのですが……。

本来の仕事ってこういう事だよなと、やり終えて嬉しそうな泰葉を見ていて思いました。

まとめ

仕事に疲れた元OLの田舎暮らしもこの巻でおしまい。
穏やかで賑やかなももといちとの日々を、もう少し楽しんでいたかったので完結は残念ですが、泰葉の明るく穏やかな未来を感じるエンディングでした。

くみちょうさんの次回作も楽しみです。

この作品はとなりのヤングジャンプにて第一話が無料でお読みいただけます。
作者のくみちょうさんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはpixabayのuniquedesign52による画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

牡蠣

バカレイドッグス 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

バカレイドッグス 1 ヤンマガKC 原作:矢樹純 漫画:青木優 構成:津覇圭一 医療監修:茨木保 出版社:講談社 犬童辰次(いぬどう たつじ)と亥三の兄弟はとある街の裏通りで商売をしている。 辰次は闇 …

恐竜

トクサツガガガ 第十巻 第九十三話 あらすじ・感想

トクサツガガガ10 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 駄作鑑賞会を終え、仲間としての絆も深まった叶たち。 しかし、最近様子のおかしかった吉田さんにはある秘 …

薪の炎

錬金無人島サヴァイブ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

錬金無人島サヴァイブ 2 アフタヌーンKC 原作:伊口紺 漫画:保志レンジ 出版社:講談社 アビシル連邦とモルト共和国、現在戦争中の二国。 そのアビシル連邦の軍人、錬金術師のニコと炊事班のジン、そして …

水車

豊作でござる!メジロ殿 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

豊作でござる!メジロ殿 2 SPコミックス著:ちさかあやシナリオ:原恵一郎出版社:リイド社 藩の農政を司る郡奉行「目白逸之輔(めじろ いちのすけ)」の活躍を描いた本格農業時代劇、第二巻。今巻ではメジロ …

赤いバラ

着たい服がある 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

着たい服がある 3 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 カヤとの出会い、離れていた父との再会、そして母との和解。 着たい服を着た事で今まで穏やかだったマミの周辺は俄かに騒がしく動き始めまし …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。