漫画

クマ撃ちの女 第九巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

雪原
クマ撃ちの女 9 BUNCHコミックス

作:安島薮太
出版社:新潮社

因縁の牙欠けのヒグマを撃つため、奴に襲われた女性の捜索を続けるチアキ。
彼女は警察の捜索隊との連動を嫌い、猟犬のワンが集団を嫌がる事を理由に単独での捜索を願い出る。

チアキは自らの過去もダシに使い、警察を説得。
自分、カズキ、ワンの二人と一匹で行動する事を警察に認めさせた。

広告

あらすじ

二人と一匹で山に入ったチアキは、ワンの鼻を頼りに雪道を進む。
その行程の最中、カズキは最後のチャンス、絶対にクマを仕留められると言ったチアキの言葉について尋ねた。

チアキは以前、叔父のカツヤとラーメンを食べた際、彼からクマ撃ちに関するアドバイスを貰っていた。
カツヤはチアキよりも遥かに多くクマを撃っている。

そのカツヤの言うところでは、クマが獲物を埋めた饅頭(ヒグマは獲物を雪や土に埋める習性がある)への執着は強く、食べきるまではそこを離れない。
今回、クマに襲われた女性は恐らく饅頭にされているだろう。

クマは饅頭の周囲、五十メートルほどに留まっている場合が多く、饅頭に触れれば即座に襲ってくるという。

つまり、被害者の饅頭さえ見つければ、おびき出す事は容易であるという事だ。

そんな話をしているうち、何かを見つけたワンが駆け出す。
そのワンを追って進み、やがて待てと命じたチアキの視線の先。

そこには雪の小山から指輪をした白い手が突き出ていた。

感想

今回は警察隊と別れチアキ、カズキ、ワンでの捜索から始まり、遺体に触れる、カズキとの決別、遺体回収、一人になったチアキ、中野襲来、中野への狩猟指南等が描かれました。

その中でも今回はチアキとカズキの別れの原因になった、被害者の遺体への対応が印象に残りました。

チアキは建前上、被害者やその家族を気遣う素振りを見せながら、本心では標的のヒグマを撃つ事を第一に置いていました。
一方のカズキは、チアキにそういう部分がある事を理解しながらも、恋人となった現在、彼女が違う行動を取ってくれるのではと考えていました。

ですが、チアキの選択はカズキに被害者を触らせ、それに激高したクマが飛び出して来るのを迎え撃つという物でした。
更に彼女は被害者を餌にして、逃げたヒグマが戻ってくるのを待つと言い出します。

目的のためなら手段を選ばない。
そこに情は無く、あくまでも合理的にどうクマを仕留めるかに重きを置いたチアキ。

彼女がそれに失望したカズキと別れた事で変わるのか。
そちらも気になるところです。

広告

まとめ

今回の後半、北海道で酪農家になる事を目指す中野がチアキの下を訪れます。
なにか企んでいる様子の中野。
彼女の目的がなんなのか。そちらも気になります。

こちらの作品はくらげバンチにて一部無料で閲覧いただけます。
作者の安島薮太さんのアカウントはこちら

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのAlain Audetによる画像です。
広告

-漫画
-,

関連記事

片喰と黄金 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

片喰と黄金 3 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ 著:北野詠一 出版社:集英社 マイルス達の馬車に便乗しボルチモアに辿り着いたアメリアとコナー。 二人は移民船で出会ったダラ(偽物)からもらった手紙を …

マカロフ

ゴールデン・ガイ 第八巻 登場人物・あらすじ・感想

ゴールデン・ガイ 8 ニチブンコミックス 著:渡辺潤 出版社:日本文芸社 神奈川を支配する唐獅子会(からじしかい)の傘下である釜利谷組(かまりやぐみ)の大石(おおいし)に拉致された健人(けんと)。 そ …

ドーナツ

艦隊のシェフ 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

艦隊のシェフ 4 モーニングKC 原作:池田邦彦 作画:萩原玲二 出版社:講談社 ガダルカナルへの物資輸送任務の途中、物資を固定していたロープに弾かれ海へと落ちた駆逐艦幸風の三等主計兵、湊谷賀津男(み …

浮き輪

僕の妻は感情がない 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

僕の妻は感情がない 2 MFコミックス フラッパーシリーズ著:杉浦次郎出版社:KADOKAWA 家電ロボットミーナと彼女にプロポーズしたサラリーマン、タクマの日々を描いた作品、その第二巻。 登場人物紹 …

煙草

BADON バードン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

BADON バードン 2 ビッグガンガンコミックス 著:オノ・ナツメ 出版社:スクエアエニックス 元犯罪者達四人が開いた煙草店「プリミエラ」 煙草職人の義兄弟、ルーとナッティに関する犯罪も多少問題ある …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。