漫画

この世界は不完全すぎる 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

ラーメン
この世界は不完全すぎる 7 モーニングKC

著:佐藤真通
出版社:講談社

ポーションを使ったバグ技によりレイドボスを倒したデバッガーのハガ。
それにより出現したポータルを使い、ダンジョンから脱出できると喜んだ一行だったが、ポータルの使用には上層階のポータルの起動が必要だった。

結局、彼らは千階層あるダンジョンを一層一層、地道に攻略していくこととなり……。

広告

登場人物

今永ハルト(いまなが はると)
(株)エンタメイションアルバイト
修道士として日々を過ごしていたが、現在は地下に潜り屋台でラーメン屋を営んでいる。

ドゥカ
アサシンギルドの首領
三頭身の老婆。
二コラの世話役のNPCとして登場したが、実はアサシンギルドのボスだった。
ハガ達がダンジョン奥深くに飛ばされ、表向きは行方不明になった事で行き場のなくなった二コラを拾い、アサシンとして鍛えた。

あらすじ

ハガ達がレイドボス、サイレンスを倒してから一年後。
地道にダンジョンを攻略し階層を上がってきた彼らは、ようやく地下一階へとたどり着いていた。

アカネはダンジョンで見つけた宝物に。
マユはハガの手伝いに。
アマノとアキラはアマノの描く漫画に。
そしてハガはダンジョンのデバッグ調査に目的とやる事を見出し、気持ちをつなぐ事が出来た。

最後のキャンプ地である水場から進むことしばし、ハガ達はダンジョンの入り口だろう大扉にたどり着いた。
しかし、入り口は特殊な力で封印されていた。

一行はとりあえず水場まで戻り、試したいことがあるというハガの言葉に従った。

場所は変わってレンとメタAIアルバの暮らす神殿。
玉座に座ったアルバと彼の横に控えていたレンを突然の揺れが襲う。
二人が事態を把握する前に床が爆発。

吹き飛ばされたレンの前、神殿の床には大穴が開いていた。

広告

感想

今回はハガ達の帰還から始まり、様子のおかしいレン達、デバッカー、アルバ対ハガパーティ、二コラとの再会、家系ラーメンとレン達に起きた事、アサシンギルドのボス等が描かれました。

今回はその中でも記憶を無くした様子のレン達が印象に残りました。

レン達はデバッグストーンとアルバの力により、プレイヤー/デバッガーとしての意識を失い、NPCとして世界に存在する事を選びました。

ただ、現状で彼らの意識がどんな状態なのか、ハガ達には知るすべがなく、もしかしたら意識を持ったまま体だけがAIが動かしている状態なのではなどと、読んでいて思ってしまいました。

まとめ

今回、ハガとの再会を果たした二コラ。
村人NPCだった彼女がどのようにしてアサシンの力を手に入れたのか。
次巻はそのあたりが描かれるようで、今から読むのが楽しみです。

この作品はコミックDAYSにて一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのftanukiによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

宝石

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 3 バンチコミックス著:磯見仁月出版社:新潮社 オーストリア、ハプスブルク家の第十一女「マリア・アントニア」後のフランス王妃マリー・アントワネットとして知られる少女。 …

祭

パリピ孔明 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

パリピ孔明 7 ヤンマガKC 原作:四葉タト 漫画:小川亮 出版社:講談社 英子(えいこ)が歌を続ける事に反対な彼女の母親翔子(しょうこ)。 その翔子を納得させる為、英子は新曲「Flower Crow …

アイス

青野くんに触りたいから死にたい 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

青野くんに触りたいから死にたい 5 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 自分が処女で無くなれば、青野を解放できるのでは優里は考え、藤本に協力を頼み、二人はラブホに向かいました。 藤本は青野 …

錠剤

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 4 ゼノンコミックス 著:荒井ママレ 医療原案:富野浩充 出版社:コアコミックス 今回のテーマは月経痛と薬、パニック障害、そして在宅・終末医療における薬剤師 …

パリ 地図

河畔の街のセリーヌ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

河畔の街のセリーヌ 1 BLADEコミックス 著:日之下あかめ 出版社:マッグガーデン 19世紀、フランスはパリ。 「多くのことを経験しなさい」 先生からそう言われた14歳の少女、セリーヌ・フランソワ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。