漫画

地図にない場所 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

水風船
地図にない場所 3 ビッグコミック

著:安藤ゆき
出版社:小学館

琥珀(こはく)のスランプだと思えばいいという言葉で、夏の補習に行くことが出来た悠人(ゆうと)。
成績について解決した訳ではなかったが、彼の気持ちは前を向いた。

そんなユートは改めてコハクと地図にない場所「イズコ」探しを続けていた。
しかし、コハクと親しくしている事を母親に知られてしまい……。

広告

登場人物

青石(あおいし)
琥珀の税理士
明るく少し天然なイケメン。
琥珀に恋をしているようだ。

久地(くじ)

イズコの事を知る男
黒髪眼鏡の男性。
悠人達が聞き込みを行ったスーパーの店員の友人。
小学校の教師。

あらすじ

コハクに挨拶に行くという母。
ユートは母がコハクに何か自分の事を話す事に不安を感じていた。
また、家が隣という事以外、赤の他人であるコハクと行動している事が知られる事も世間的にまずいとも感じていた。

以前はコハクに自分が落ちこぼれであると知られたくはなかった。
だが今は、彼女に勉強についていけていない事を話し、強くなれた気がしていた。

今の関係を続けたいユートは口止めのため、コハクに手紙を書きそれを彼女の部屋のベランダにそっと張り付けた。

風呂上り、ベランダに涼みに出たコハクはユートの手紙を見つけ笑みを零す。
それから三日、コハクはマンションから姿を消していた。

広告

感想

今回はユートの手紙を読んで姿を消したコハクのエピソードから始まり、コハクと虫取り、コハクとユート母、買い物とイズコの聞き込み、花火大会と税理士の青石の恋、イズコの正体等が描かれました。

今回はその中でもイズコの正体についてが印象に残りました。

地図にない場所「イズコ」
ユートとコハクはその「イズコ」を探すため、行動を共にしてきました。
真相が判明してしまえば二人が一緒にいる必要は無くなります。

なんでしょうか、分からない物の正体を知りたいという気持ちと、それを知るため行動する過程の楽しさ。
追い求めている間が一番楽しくて、手に入れてしまったとたん、その楽しさは終わってしまう。

真実を知ったユートはコハクに真相を話すのか。
次巻も楽しみです。

まとめ

この巻の終盤、花火大会の帰り雨に降られたユートは家の鍵を無くしたコハクを自宅に招き入れます。
家族旅行で二人っきりになったユートは、コハクに誰かに好きと言われたらどう思うか尋ね……。

ユートはコハクと一緒に行動する事を楽しいと感じていますが、その感情は恋ではなく友情のように読んでいて感じます。
コハクに恋をする青石の登場で、気の合う友人が遠くなってしまうかもしれない。

終盤のユートの問いかけには、そんな思いもあったのかなと思いました。

何にしても、彼の問いかけに対するコハクの答えが気になります。

この作品はビッグコミックBROS.NETにて第一話が無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージは ぱくたそ の すしぱくさん による画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

焼きそば

おとなりに銀河 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

おとなりに銀河 3 アフタヌーンKC 作:雨隠ギド 出版社:講談社 漫画家兼シェアタイプのアパートの大家として幼い妹と弟を養っている久我一郎(くが いちろう)。 そんな彼の下にアシスタントとしてやって …

パイプ

堕天作戦 第五巻 あらすじ・感想

堕天作戦 5 裏少年サンデーコミックス 作:山本章一 出版社:小学館 戴天党の街、サーデリーでの戦いはルビーやシバも参戦し被害を拡大していた。 あらすじ 業火卿ピロによって撃墜されたカトラス。 ルビー …

フレスコ画

アルテ 第三巻 あらすじ・感想

アルテ 3 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 街の豪商ウベルティーノのもとに絵の代金の交渉に赴いたアルテでしたが、彼の迫力 …

焚火

ふたりソロキャンプ 第七巻 あらすじ・感想

ふたりソロキャンプ 7 イブニングKC 著:出端祐大 出版社:講談社 偶然カフェで彰人と出会った雫。 彼は厳の昔の恋人であり友人でもある花夏を連れていました。 はからずも出会ってしまった二人。 当然、 …

本

空挺ドラゴンズ 第七巻 あらすじ・感想

空挺ドラゴンズ 7 アフタヌーンKC 著:桑原太矩 出版社:講談社 捕龍船「クイン・ザザ」号。 この巻では、その捕龍船に乗る個性豊かな面々の日常が描かれました。 あらすじ 龍を求め今日もクインザザは空 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。