漫画

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

ベルサイユ宮殿
傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 7
バンチコミックス
著:磯見仁月
出版社:新潮社

フランス国王ルイ十五世の崩御により、王妃となったアントワネット。
マリーは王妃との謁見のため、ドレスを仕立てレオナールに髪を結いあげてもらい、ついに王妃マリー・アントワネットと顔を合わせた。

広告

登場人物紹介

ジャン・ルイ・ファージョン
王妃付き香水商
くせ毛の青年。
百年以上続く薬剤師兼香水商の家系。
マリー、レオナールと共に王妃となったアントワネットを香りによって彩る。
香水だけでなく、入浴剤や化粧品も提供している。

ロザン公爵
軍人であると同時に外交官。
帰国前はロシアに滞在しており、女帝エカチェリーナ二世からの信頼も厚い。
帰国後は舞踏会でアントワネットのお気に入りとなる。

ゲメネ公妃
アントワネットの側仕えの女官の一人
ブルネットで猫目の女性。
同じく側仕えであるランバル公妃の従姉妹。
大貴族ロアン家の一人。
王妃のため、派閥づくりに注力する。

マクシミリアン・ロベスピエール
後のフランス革命の主導者
パリ屈指の名門校、ルイ・ル・グラン学院の生徒。

あらすじ

晴れて王妃付きのモード商となったマリー。
彼女は髪結いのレオナール、香水商のファージョンと共にアントワネットをプロデュースし、貴族たちに王妃のファッションを追従させ流行を巻き起こした。

それにより、マリーの店「オ・グラン・モゴル」の顧客はさらに増えた。
だがその事で恩師であるパジェルの店「トレ・ガラン」は破産。
パジェルも間を置かず亡くなってしまう。

マリーはその事にショックを受けるが、彼女はトレ・ガランの経営が傾いていることには気づいていた。
マリーは生前、そんなパジェルを心配し店を何度も訪れていた。

しかしパジェルはいつも完璧で、マリーに弱い部分を見せることはなかった。

自分が殺したのだ。

そう言ったマリーに、前王妃のモード商でパジェルの友人だったフィリドールは言う。

「いずれ朽ちるなら、自分が蒔いた種の土になりたい」

パジェルはマリーを土になるに値するだけの種だと感じ、自らが滅ぶことも踏まえた上でマリーの背中を押したのだ。

そんなパジェルの話を聞いたマリーは、さらに上を目指し歩みを進める事となる。

広告

感想

今回は王妃付きモード商となり、アントワネットを流行の発信基地とすることで貴族のファッションを動かし始めたマリーから始まり、パジェルの死、王妃付き香水商、ファージョン登場、儀礼(エチケット)を廃止するアントワネット、食糧危機と革命の兆しなどが描かれました。

アントワネットがマリー達の提案で次々と豪華で優雅なドレスを纏い、舞踏会で流行を生み出している影で、民衆は凶作による飢餓で餓死者も出ているようでした。

段々と華美になる王侯貴族の服装。
その暮らしを支えている民衆の苦しみ。

作品はマリーを中心に描かれているので、飢えにあえぐ人々の様子は直接は登場していません。
ただ、後のフランス革命の主導者が登場するなど、終わりは確実に近づいているように感じられました。

まとめ

作中、狩りに出たルイ16世は餓死した民衆の棺桶を目にしたりします。
ですが、原料に小麦を大量に使う髪粉で髪を結いあげ、豪奢な髪形を貴族の間で流行らせるアントワネットを諫める事は出来ていませんでした。

問題意識は持っていても、王宮に飢えはなく……。
やっぱり実際に自分が体験しないと、危機感を持つことは難しいのかなぁとエピソードを読んでいて感じました。

こちらの作品はコミックバンチwebにて一部無料で閲覧いただけます。
作者の磯見仁月さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのMichelle_Mariaによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

イルカ

灼熱のニライカナイ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

灼熱のニライカナイ 1 ジャンプコミックス 作:田村隆平 出版社:集英社 新宿署の刑事、鮫島灼熱(さめじま ぼいる)はハードボイルドなはみ出し刑事。 その日も屋上での立てこもり事件をスタンドプレーで解 …

金貨

リオンクール戦記 コミカライズ版 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

リオンクール戦記 コミカライズ版 5 バンブー・コミックス 原作:小倉ひろあき 漫画:Nagy キャラクター原案:toi8 出版社:竹書房 小説リオンクール戦記のコミカラズ版、第五巻 王からの勅命でベ …

ブルーラグーン 温泉

紛争でしたら八田まで 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

紛争でしたら八田まで 4 モーニングKC 著:田素弘 出版社:講談社 三陸データのインド支社の優秀な社員、ディリップ・アグラワル。 年収三十万で暮らせるインドで、彼は一千万近い報酬を得ていました。 し …

バルカン

夜光雲のサリッサ 第三巻 あらすじ・感想

夜光雲のサリッサ 3 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 イギリスのIOSSから来た車椅子の少年ベンジャミン。 彼の「才能」は瞬間移動。 その能力は、自分を …

セントルイス

片喰と黄金 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

片喰と黄金 6 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ 著:北野詠一 出版社:集英社 黄金を手に入れるという共通の目的から主人公アメリアの仲間になった元教師のエリ・ブルームフィールド。 そのエリを連れ戻し …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。