漫画

ザ・ファブル The second contact 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

ドローン
ザ・ファブル The second contact 4 ヤンマガKC

著:南勝久
出版社:講談社

紅白組(くじらぐみ)の組長、松代(まつだい)から外されたと感じた加納(かのう)は、高辺(たかべ)とともに再び元紅白組構成員、川萩(かわはぎ)の元カノ、静(しず)を狙う。

その加納と高辺を松代は暗殺組織ルーマーを使い殺害。
二人の死はニュースでも報道され、真黒組(まぐろぐみ)の組長、海老原はアキラやアザミにも襲撃への警戒を促す。

その事をきっかけに田高田(たこうだ)の家に転がり込んだヨウコは想いを彼に伝えたのだが……。

広告

登場人物

静のストーカー
川萩の元カノ静に執着している男。
鼻息が荒い。
ルーマーの男に利用される。

ゲン
海老原が世話をしていた元ヒットマン
黒髪ヅラで髭の濃いおじさん。
ルーマーの男いわく、暗殺者ではなくただの人殺し。

あらすじ

現在はおっぱいパブで働いている川萩の元カノ、河上静。
彼女の店にストーカーの男が客として現れる。

そのストーカーは紅白組が関係を持つ暗殺組織、ルーマーの男が送り込んだものだった。
男は銃を持った加納と対峙し、躊躇わず無力化したアキラの存在を危険視しており、ストーカーを泳がせて警護対象の可能性がある静を監視し、アキラの動きを見るつもりだった。

一方、田高田に告白したものの、あまり良い返事がもらえそうにないと悟ったヨウコは、彼の家を出てキャンピングカーへと向かっていた。
そのヨウコをルーマーの依頼を受けた殺し屋の一人がドローンで尾行し……。

広告

感想

今回は静とストーカーから始まり、静とアキラと尾ける男、ヨウコとミサキと恋の話、静、アザミたちの倉庫へ、ゲンへの襲撃、ヨウコと松代、ルーマーと海老原などが描かれました。

今回、ルーマーは静を起点にアキラの存在に気付き、松代の依頼でヨウコを薬で自由を奪い、松代に引き合わせました。

荒事に積極的に関わる気のないアキラ達ですが、ルーマーとしてはファブルかもしれないアキラ達を無視できないようで、プロの殺し屋たちが続々と集まり行動を開始し始めました。

そんな状況の中、ヨウコの告白に動揺するタコちゃん。

色んな事が起こりすぎて、どの話に集中すればいいのか、意識があちこちに飛びました。

まとめ

この巻の終盤、海老原はヒットマンのゲンを匿っていた家でルーマーの男と対峙します。
銃を向けるルーマーの男に手榴弾片手に対話する海老原。
一触即発の二人の男、彼らがどうなるのか、次回も楽しみです。

この作品はヤンマガwebにて一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのS. Hermann & F. Richterによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

流れ星

KILLING ME / KILLING YOU 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

KILLNG ME / KILLING YOU 1 ドラゴンコミックスエイジ 作:成田芋虫 出版社:KADOKAWA/富士見書房 成田さんの作品「IT’S MY LIFE」にもチラッと登場 …

栗

ひらやすみ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

ひらやすみ 3 ビッグコミック著:真造圭伍出版社:小学館 知り合いの婆ちゃんから彼女の死後、住んでいた平屋を譲り受けた元俳優で現在はフリーター(釣り堀バイト)の生田ヒロト。そのヒロトの家に下宿している …

ロスアンゼルス

ブルージャイアントエクスプローラー 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

ブルージャイアントエクスプローラー 4 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる、宮本大の軌跡を描いた作品。 そのアメリカ編。 スケータ …

コンパスと地図

ダンピアのおいしい冒険 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ダンピアのおいしい冒険 2 著:トマトスープ 出版社:イースト・プレス 十七世紀末、南洋(中央・南アメリカ周辺)の海を中心に活動していた私掠船バチェラーズ・ディライト号。 その船長であったジョン・クッ …

手を繋ぐ

違国日記 第八巻 登場人物・あらすじ・感想

違国日記 8 フィールコミックス 著:ヤマシタトモコ 出版社:祥伝社 軽音楽部の勧誘で学校のコンコースで歌を披露した朝(あさ)。 その動画を叔母の槙生(まきお)が持っていた事で、彼女が友人のえみりとラ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。