漫画

ザ・ファブル The second contact 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2022年8月15日 更新日:

ドローン
ザ・ファブル The second contact 4 ヤンマガKC

著:南勝久
出版社:講談社

紅白組(くじらぐみ)の組長、松代(まつだい)から外されたと感じた加納(かのう)は、高辺(たかべ)とともに再び元紅白組構成員、川萩(かわはぎ)の元カノ、静(しず)を狙う。

その加納と高辺を松代は暗殺組織ルーマーを使い殺害。
二人の死はニュースでも報道され、真黒組(まぐろぐみ)の組長、海老原はアキラやアザミにも襲撃への警戒を促す。

その事をきっかけに田高田(たこうだ)の家に転がり込んだヨウコは想いを彼に伝えたのだが……。

広告

登場人物

静のストーカー
川萩の元カノ静に執着している男。
鼻息が荒い。
ルーマーの男に利用される。

ゲン
海老原が世話をしていた元ヒットマン
黒髪ヅラで髭の濃いおじさん。
ルーマーの男いわく、暗殺者ではなくただの人殺し。

あらすじ

現在はおっぱいパブで働いている川萩の元カノ、河上静。
彼女の店にストーカーの男が客として現れる。

そのストーカーは紅白組が関係を持つ暗殺組織、ルーマーの男が送り込んだものだった。
男は銃を持った加納と対峙し、躊躇わず無力化したアキラの存在を危険視しており、ストーカーを泳がせて警護対象の可能性がある静を監視し、アキラの動きを見るつもりだった。

一方、田高田に告白したものの、あまり良い返事がもらえそうにないと悟ったヨウコは、彼の家を出てキャンピングカーへと向かっていた。
そのヨウコをルーマーの依頼を受けた殺し屋の一人がドローンで尾行し……。

広告

感想

今回は静とストーカーから始まり、静とアキラと尾ける男、ヨウコとミサキと恋の話、静、アザミたちの倉庫へ、ゲンへの襲撃、ヨウコと松代、ルーマーと海老原などが描かれました。

今回、ルーマーは静を起点にアキラの存在に気付き、松代の依頼でヨウコを薬で自由を奪い、松代に引き合わせました。

荒事に積極的に関わる気のないアキラ達ですが、ルーマーとしてはファブルかもしれないアキラ達を無視できないようで、プロの殺し屋たちが続々と集まり行動を開始し始めました。

そんな状況の中、ヨウコの告白に動揺するタコちゃん。

色んな事が起こりすぎて、どの話に集中すればいいのか、意識があちこちに飛びました。

まとめ

この巻の終盤、海老原はヒットマンのゲンを匿っていた家でルーマーの男と対峙します。
銃を向けるルーマーの男に手榴弾片手に対話する海老原。
一触即発の二人の男、彼らがどうなるのか、次回も楽しみです。

この作品はヤンマガwebにて一部無料でお読みいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのS. Hermann & F. Richterによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

山羊

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 3 著:茂木清香 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 この作品は同人誌として発表された物で、商業版の主人公ウルとマニが …

キノコの家

シャンピニオンの魔女 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

シャンピニオンの魔女 1 花とゆめCOMICS 著:樋口橘 出版社:白泉社 黒魔女ルーナ。 彼女の触れた場所には毒キノコが生え、その吐息さえも毒を含む為、ルーナに近づく者はいませんでした。 それでも彼 …

館

風都探偵 第三巻 あらすじ・感想

風都探偵 3 ビックコミックス 脚本:三条陸 作画:佐藤まさき 原作:石ノ森章太郎 監修:塚田英明 クリーチャーデザイン:寺田克也 出版社:小学館 仮面ライダーWの正統続編。 テレビシリーズのその後を …

ヒグマ

波よ聞いてくれ 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

波よ聞いてくれ 4 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 三回目の収録を終えたミナレは、MRSの看板DJである茅代まどかに夜の丸山公園へ呼び出される。 殺されるのでは警戒するミナレに、茅代は …

コーヒー

違国日記 第三巻 あらすじ・感想

違国日記 3 フィールコミックス 著:ヤマシタトモコ 出版社:祥伝社 人見知りな小説家と、その姉夫婦の遺児の同居生活を描いたお話です。 友人のえみりと行き違い卒業式に出なかったり、色々ありましたが、朝 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。