漫画

ミワさんなりすます 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

帽子とメモ、コンパス
ミワさんなりすます 4
 ビッグコミックススペシャル
著者:青木U平
出版社:小学館

推しの俳優、八海崇(やつみ たかし)の家にエリート家政婦、美羽さくらになりすまし入り込んだ久保田ミワ(くぼた みわ)。

そのエリート家政婦、美羽さくらが手作りクッキーの袋に仕込んだ手紙により、ミワは八海とお忍びで会うことになり……。

広告

登場人物

ゆき
業界人御用達の店、BARらすべがすのオーナー
そばかすショートの女性。
一般人なオーラのミワに早く帰ったほうがいいと忠告する。

ニコラス・シラー
映画監督
赤毛でくせ毛の白人男性。
気難しいことで知られている。

あらすじ

エリート家政婦、美羽さくらがクッキーの袋に仕込んだ手紙によって、推しの俳優、八海崇とプライベートな時間を過ごす事になったミワ。

普通ではありえない状況に呆然としつつ、ミワは待ち合わせ場所である銀座のレストラン『RRR(トリプルアール)』へと向かった。
映画『CUBE(キューブ)』のような個室でテーブルをはさみ八海とミワは向かい合う。

まるで奇跡のようなシチュエーションだが、ミワは緊張のあまり八海の顔を見ることさえできなかった。

「つまんない…………ですよね……」
「は?」
「せっかくのお休みなのに……こんな普通の人間と食事なんて……」

自分のような一般庶民が来てはいけない場所に来てしまった。
自らを卑下するあまり出たミワの言葉を聞いて、八海はおもむろに指でテーブルをたたき始める。

トントントン。
退屈のあまり叩かれたと思ったミワだったが、やがてそれがモールス信号だと気付く。

ツーツーツーツー、トントンツーツー……。

コ・チ・ラ・ヲ・ミ・テ 「こちらを見て」

メッセージに気付き、思わず自分を見たミワに

「やっぱり。ミワさんならわかると思いました」

と八海は優しく微笑んだ。

広告

感想

今回は冒頭、八海と二人きりで会う事になり呆然とするミワから始まり、八海と銀座で会食、二軒目、BARらすべがすでの映画監督シラーとのやり取りなどが描かれました。

その中でも今回は気難しい映画監督、シラーのエピソードが印象に残りました。

映画がヒットしどれほど有名になっても、シラーはただの映画好きのままでした。
そんな彼の心をミワは映画のシーンの収録時間を言い当てることでつかみました。

おなじ趣味の仲間。
ミワとシラーのやり取りを見ていて、友人と好きな作品について語り合った時間を思い出しました。

まとめ

この巻のラスト、ミワは八海から”かけがえのないひと”と言葉をかけられます。

ミワと八海の関係が今後どうなっていくのか。
いまだに偽物であることを打ち明けられていないミワ。
真実を伝えた時、八海はどうするのか。

続きが気になります。

こちらの作品はビッグコミックBROS.NETにて第1話が無料で閲覧いただけます。
作者の青木U平さんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのJosué Miguel Escuderoによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

時計

映像研には手を出すな 第五巻 あらすじ・感想

映像研には手を出すな 5 ビッグコミックス 著:大童澄瞳 出版社:小学館 浅草の設定に基づいたストーリー性のある作品を作り上げた映像研。 今回はその作品制作に協力した百目鬼が警備部に捕まる所から始まり …

右手

風都探偵 第四巻 あらすじ・感想

風都探偵 4 ビックコミックス 脚本:三条陸 作画:佐藤まさき 原作:石ノ森章太郎 監修:塚田英明 クリーチャーデザイン:寺田克也 出版社:小学館 仮面ライダーWの正統続編。 テレビシリーズのその後を …

積乱雲

夜光雲のサリッサ 第四巻 あらすじ・感想

夜光雲のサリッサ 4 リュウコミックススペシャル 原作:松田未来 作画:※Kome 出版社:徳間書店 サリッサのテストの最中天翔体に襲われた忍とダンク。 二人の援護に現れたのはIOSSフランスのパイロ …

インド

紛争でしたら八田まで 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

紛争でしたら八田まで 3 モーニングKC 著:田素弘 出版社:講談社 大学時代のルームメイト、オクサナの依頼でウクライナにやって来た八田。 民主組織内に生まれた過激派UEDトルィーズブに接触した八田の …

コーヒー

違国日記 第七巻 あらすじ・感想

違国日記 7 フィールコミックス 著:ヤマシタトモコ 出版社:祥伝社 叔母であり小説家である槙生(まきお)との生活は、朝(あさ)にとって分からない言葉のオンパレードでした。 そんな彼女の呟きを書き止め …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。