漫画

ゴールデン・ガイ 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

キャベツ畑
ゴールデン・ガイ 6 ニチブンコミックス

著:渡辺潤
出版社:日本文芸社

凱(がい)が引き継いだ大仏組(おさらぎぐみ)。
その大仏組が消えるきっかけとなった徳川埋蔵金は満里奈(まりな)の店、Bar NIGHT-NIGHTの隠し部屋に眠っていた。

父親の死に茜(あかね)の関与を疑っていた満里奈は、二朱金入りのお守りを茜に送り埋蔵金の存在を匂わせ彼がボロを出すのを狙った。
しかしその事で多くの仲間が傷つく結果を生んだ。

埋蔵金を茜に渡せばもう殺し合いはせずに済む。
そう考えた満里奈だったが、茜は親殺しを知られる訳にはいかないと銃口を凱達に向けた。

放たれる二発の弾丸。
凱はとっさに床に散らばった小判を投げた。
一発は凱の肩を抉り、もう一発は小判により跳弾し茜の胸に飛び込んだ。

凱はけじめを付けようと膝を突いた茜に銃を向ける。

「兄貴…終わりだ」

そう言って引き金を引いた凱の前に満里奈が飛び出し、茜を庇う。
彼女は凱に人殺しになってほしくはなかったのだ。

「俺が絶対助けてやる!!」

腹に銃弾を受けた満里奈を抱え上げ、茜と埋蔵金をその場に残し凱は医者の下へと向かったのだった。

広告

登場人物

青山(あおやま)
闇医者
白髪眼鏡のおじさん。
凱達御用達の医師。
闇医者だけに治療費は高額。

日下田剛(ひかだ つよし)
唐獅子会総裁
禿頭髭の老人。
神奈川一大勢力の唐獅子会のトップ。
現在は組織を会長である宇佐(うさ)に任せ隠居している。
凱達を客分として受け入れる。

宇佐弘一(うさ こういち)
唐獅子会会長
黒髪グラサンのおじさん。
田中邦衛似。
先代大仏組組長、大仏勇(おさらぎ いさお)とは酒を酌み交わす仲だった。

釜利谷昇(かまりや のぼる)
唐獅子会会長付き、釜利谷組組長
黒髪オールバック傷髭おじさん。
宇佐から凱達の世話役を任されるが、内部抗争を起こした凱達を疎ましく思っている。

芳根大悟(よしね だいご)
二代目亀鶴一家舎弟頭
七三分けジト目おじさん。
亀鶴一家幹部の一人。

大石陽生(おおいし はるお)
釜利谷組組員
黒髪色黒の男。
元大仏組組員、大石将太(おおいし しょうた)の弟、健人(けんと)にあしらわれ負傷した弟の意趣返しに凱達が開いた店を訪れる。

森蔭映太郎(もりかげ えいたろう)
釜利谷組組員
黒髪リーゼントの目つきの鋭い男。
大石の舎弟。

柿本渉(かきもと わたる)
釜利谷組組員
刈り上げ口ひげの男。

広部正悟(ひろべ しょうご)
釜利谷組若頭
黒髪リーゼント太眉おじさん。

あらすじ

1月13日、早朝。
凱達が埋蔵金の隠し部屋で茜と対峙していた少し後、健人と柴田(しばた)は朴(パク)に拉致された若頭補佐の涼(りょう)を救出すべく敵の根城に突入した。

相手は負傷した朴を含め七人。
銃をかざす健人と長ドスを手にした柴田に対し、朴は椅子に縛り付けた涼の首にナイフを突きつける。

「どうした? 撃ってみろよ。まぁコイツも死ぬけどな。撃ってみろよ!!」

朴がそう声を荒げた瞬間、銃声が鳴り響き朴の仲間の頭が弾けた。
現れたのは二代目亀鶴一家若頭、来栖英美。
来栖は芹沢襲撃と真田殺害の実行犯として、全ての罪を朴に着せその場にいた朴とその仲間を部下に命じ全員射殺させた。

残されたのは健人、柴田、涼の三人だけ。

「私たちも…処分するつもりですか?」

そう尋ねた柴田に来栖はまさかと首を振った。
名目上、一般人である柴田達に手を出すつもりはない。
今後一切、二代目亀鶴一家の邪魔をしなければ……。

酷薄な笑みを浮かべ来栖はそう言うと、血まみれの部屋に健人たちを残しその場を立ち去った。

広告

感想

第二部の始まりは来栖による亀鶴一家幹部、芹沢襲撃の実行犯、朴の排除から始まり、一命をとりとめた凱、満里奈、芹沢、来栖の提案、涼のエンコ、凱と満里奈の結婚、神奈川県三浦市で唐獅子会総裁と会長と顔合わせ、釜利谷と凱、カフェバーとして再出発、茜の新たな野望、健人と揉め事、健人拉致される、釜利谷と喧嘩などが収録されました。

第一部のラストで満里奈が見つけた埋蔵金は三万両。
しかし、推定では400万両はあったようなので、見つかったのは一部のようです。

その三万両は茜に回収され、行き場の無い凱たちは柴田のつてを頼り、唐獅子会に客分として収まる事になりました。
しかし、健人が小指を負傷した涼を守ろうとしたことで、釜利谷組との揉め事に発展し……。

最初から凱達が気に入らなかった様子の釜利谷。
彼との喧嘩がどんな結果をもたらすのか。
神奈川全域を狙う茜の動きは。
そして、残された埋蔵金のありかは。

第二部もいろいろ気になります。

まとめ

凱たちが平穏に暮らせる日は来るのか。
次巻、どんな展開になるのか読むのが楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品は日本文芸社の公式サイトから第一話が無料で閲覧いただけます。
作者の渡辺潤さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのrooti0321による画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

麦

ヴィンランド・サガ 第二十六巻 登場人物・あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ 26 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 大西洋を越えヴィンランド(現在のプリンス・エドワード島の北部沿岸)にたどり着いたトルフィン達。 彼らは先住民の住む森に贈り物を置 …

ビル 破損

虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT- 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

虎鶫 とらつぐみ -TSUGUMI PROJECT- 2 ヤンマガKC 著:ippatu 出版社:講談社 核大戦によって滅んだ旧日本。 その日本にある秘密兵器「TORATSUGUMI」 死刑囚の元軍人 …

絵具と筆

いまかこ 登場人物・あらすじ・感想

いまかこ イブニングKC 著:松浦だるま 出版社:講談社 場所の幽霊と自身で名付けた、無くなってしまったモノが見える鶴見也徒(つるみ やと)は、無くなってしまった音を聞く少女早淵今(はやぶち いま)と …

火の鳥

スノーボールアース 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

スノーボールアース 2 ビッグコミック著:辻次夕日郎出版社:小学館 地球を襲った銀河怪獣と戦い救世主となった少年、流鏑馬鉄男(やぶさめ てつお)。対銀河怪獣用ロボット、スノウマン(ユキオ)の自爆によっ …

ヤツデ

今日のさんぽんた 第四巻 各話あらすじ・感想

今日のさんぽんた 4 ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル 著:田岡りき 出版社:小学館 飼い主のりえ子と柴犬のポン太。 一人と一匹のさんぽの日々を描いたコメディ作品、第四巻。 各話あらすじ感想ま …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。