漫画

凸凹(でこぼこ)のワルツ 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:

玉ねぎ
凸凹(でこぼこ)のワルツ 4
 BLADEコミックス
著:森野きこり
出版社:マッグガーデン

ぼっちな料理男子、春海(はるみ)が身長と雰囲気で恐れられている教師、水原(みずはら)とお弁当を通じて交流していくお話、第四巻。

夏休み、水原にお弁当を届けに行った春海は、エアコンの壊れた部屋で熱中症になりかけている水原を発見。
おでこに冷えピタを張り、水を飲ませ介抱した後、二人は一緒にしそジュースを作った。

その後、水原は春海を夜のプールに誘い……。

広告

登場人物

春海の母
茶髪ロングの色っぽい女性。
スナックでホステスとして働いている。
その為、春海が家を出るときは寝ていることが多い。
化粧を落とさず寝たりとだらしない所はあるが、春海のことを息子として心配している。

あらすじ

プールに足を浸し涼を取るだけのつもりだった水原だが、春海がバランスを崩しプールに落ちたことで、驚いた水原もプールに落ちてしまった。

そのままプールの中、話を続けていた春海と水原だったが、水音を聞きつけて教師?が見回りに来てしまう。
春海は水原の口を押え、水に潜りその場をやりすごした。

見回りをやり過ごした二人は準備室で服を乾かし、途中まで一緒に帰ることとなった。
夜の街を歩いていると、夜空に花火が上がる。

トラウマになった出来事以来、人を避け目立たぬように生きてきた春海はここ数年、花火大会には行っていなかった。

「来年とか……また行ってみようかな」

それは……誰と?

水原はそう問いたい自分を押さえつけ、代わりに夏祭りの定番食べ物(わたがし、りんご飴、オムソバ、たこ焼き等)を上げ食べたいと宣言した。
その宣言を聞いた春海は驚きつつもお腹を鳴らしてしまうのだった。

広告

感想

今回は冒頭、夏休み、夜のプールでの一幕から始まり、水原と春海の母、春海を異性として意識し始めた水原、距離を置く水原、文化祭の出し物、ホラーカフェの準備と菊池(きくち)、屋代(やしろ)による人との会話について等が描かれました。

今回は春海に好意を抱いていることに気付き、距離を取った水原とそんな水原の気持ちがわからず、接し方に悩む春海が印象に残りました。

同世代の男女であれば、どちらかが告白して付き合えばいい話ですが、教師と生徒という事と春海が未成年という事が水原に距離を取らせているようです。

二人の関係がどうなるのか、先が気になります。

まとめ

今回のラスト、春海は屋代のアドバイスを受けて、水原の気持ちを聞くため彼女の下へと向かいました。
もともとの関係(お弁当を食べてもらい、話を聞いてもらう)を取り戻したい春海の願いは叶うのか。
次巻も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

作者の森野きこりさんのTwitterはこちら
この作品はMAGCOMIにて一部無料でお読みいただけます。

※イメージはPixabayのDapur Melodiによる画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

アオサギ

放課後ていぼう日誌 第三巻 テーマ・感想

放課後ていぼう日誌 3 ヤングチャンピオン・コミックス 著:小坂泰之 出版社:秋田書店 季節は巡り今は梅雨。 陽渚達の制服も夏服に変わっています。 今回はそんな夏の始まりが描かれました。 今回のテーマ …

大根

しあわせは食べて寝て待て 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

しあわせは食べて寝て待て 1 秋田レディースコミックスデラックス 著:水凪トリ 出版社:秋田書店 病気を患いフルタイムで働く事が難しくなったアラフォーの独身女性、麦巻さとこ(むぎまき さとこ)。 マン …

ウグイス

八百夜 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

八百夜 2 ウィングス・コミックス 著:那洲雪絵 出版社:新書館 トオワの幼い王アケト。そのアケトは実は女でした。 それを知った教育係のケイトは激高します。 先王は奥方を始め城の女を虐殺していました。 …

グロリオサ 栄光のユリ

銀河のカーテンコール 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

銀河のカーテンコール 1 モーニングKC 著:北駒生 出版社:講談社 婚約者と別れた図書館司書の合歓木眞(ねむのき まこと:30)は現役を引退したばかりの庭師、松波誠二郎(まつなみ せいじろう:70) …

紅茶

カラーレス 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

カラーレス 1 ボーダーコミックス 作:KENT 出版社:リイド社 極大の太陽フレア「マーシパルス」の影響で色素を失った世界。 それから三百年、人類は「祖先病」という病により、かつての人とは思えぬ面貌 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。