漫画完結作品

トライガン・マキシマム 9

投稿日:2019年3月6日 更新日:

エンジントライガン・マキシマム 9 YKコミックス
作:内藤泰弘
出版社:少年画報社

血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。
今回は孤児院を救うべく、ウルフウッドがディゼムバ向かう処からお話は始まります。

広告

#2 旋風

あらすじ

ディセムバに辿り着いたウルフウッドは、家族とリヴィオを救うため、ミカエルの眼の待つ孤児院へ向かう。

彼はウルフウッドの到来を知らせる鐘として配置された、サイボーグ達の待つ荒野へ独り突入する。

戦闘開始の合図は爆発からだった。
S級サイボーグを一撃で倒したウルフウッドを、他のサイボーグが取り囲む。

彼らに負傷した仲間を拾い、ここから出て行くようウルフウッドは提案するが、彼らに仲間意識はなく、負傷した男を殺し、分け前を増やしてくれたことをむしろ喜んだ。

ウルフウッドは、話し合いは無駄と判断し、彼らを倒すべく行動を開始する。
ロケット弾で突出したサイボーグを倒し、空に向けて一発放つ。
バイクを走らせ、ハンドガンの引き金を引きながら、彼の脳裏に過去がよぎる。

ミカエルの眼でマスターは言った。

「障害になるものの人間性、思想、立場、一切考えるな。鈍る。」

無駄を省き、目的の遂行のみを念頭におけ。

マスターはウルフウッドの戦闘を確認し、その不甲斐なさに憤り、彼が敗れ死ぬことに涙を流した。
ウルフウッドがこれから戦うであろう男には、決して勝てないと確信したからだ。
マスターはそれほどに、ウルフウッドのセンスを評価し、失う事を惜しいと思っていた。

残り一人となった時、背を向けたまま空を指さす。

「ちょい右、そこやと直撃や。危ないで。」

戦闘開始直後、空に放ったロケット弾が男にむけて落ちて来る。
最後の一人を吹き飛ばし、一人も殺さず戦闘を終えたウルフウッドだが、スーパーアルティメットタイガーファミリーの最後の意地だと、サイボーグの一人が孤児院に向けてミサイルを放とうとする。

それを止めようとするウルフウッドだが、男は止まらず、破嵐万丈のようなセリフとともに、ミサイルを発射してしまう。
しかしウルフウッドが止めようとしたのは、男ではなく、ミサイルをつかみ男に投げ返したリヴィオだった。

投げ返されたミサイルで男は吹き飛んだ。
ウルフウッドはリヴィオに、あれぐらい撃ち落とせたと話し、それを聞いたリヴィオは、そんな言葉は御老体が嘆くと口にするのだった。

今回の見どころ

・サイボーグ達を殺さないウルフウッド
恐らくヴァッシュに出会う前のウルフウッドなら、マスターチャペルが言うように、サイボーグ達に顔を見せることなく皆殺しにしたでしょう。

しかし今の彼は、まるでヴァッシュのように、傷つける事はしても、命を奪うような攻撃はしませんでした。

ヴァッシュとの旅が、彼に変化をもたらした事を感じるエピソードでした。

※あくまで私見です。

感想

この9巻、そして10巻と続けてウルフウッドの話が続きます。
この巻の終盤、ウルフウッドの独白、ヴァッシュの事を否定しつつも認めている場面は涙腺が緩みます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのmanolofrancoによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

クッキー

台所のドラゴン 2

台所のドラゴン 2 MFCジーンピクシブシリーズ 漫画:みよしふるまち 原作:縞田理理 出版社:KADOKAWA ののとドラゴンの生活は概ね問題なく穏やかに進んでいました。 そんなある日、ののは突然腹 …

金魚

金魚草の池(庭先塩梅 第2巻)

金魚草の池 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内の続編、庭先塩梅第二弾。 各話あらすじ感想まとめ …

爆発

トクサツガガガ5

トクサツガガガ5 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳、OL、特撮オタク。 同僚の北代さんと絆を深めた叶。吉田さんや任侠さん、みやびさんとのカラオケナイトも開催し、少しずつ仲間も …

桜

着たい服がある 5

着たい服がある 5 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 KERAの近藤経由で依頼された中国ブランドのモデル。 その事はロリータ服を着たいと思った事、そして小澤と出会い勇気を貰い、実際に着て …

緑と水

WaqWaq ワークワーク 4

WaqWaq ワークワーク 4 ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 最後の護神像スプンタ・マンユ(能面小面・六本腕)を操る防人は三賢者の一人ヨキでした。 そのスプンタ・マンユの能力で、父の …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。