漫画完結作品

トライガン・マキシマム 8

投稿日:2019年3月5日 更新日:

鳥トライガン・マキシマム 8 YKコミックス
作:内藤泰弘
出版社:少年画報社

血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。
今回は捕らえたヴァッシュを乗せて、方舟が飛び立つシーンから始まります。

広告

#1 侵攻

あらすじ

自らの力が決して無限ではない事を知ったナイブズは、点在する街からプラントを奪うため行動を開始する。

ナイブズを止めるべく、彼と対峙したヴァッシュ。
しかし、多数のプラントの力を取り込んだ、ナイブズの力は大きく圧倒されてしまう。

レガートの技で拘束されたヴァッシュは、ナイブズが「方舟」とよぶ飛行機械のなかで、彼と対話するのだった。

方舟はプラントを街から奪うため航行を続けていた。

レガートに拘束されたヴァッシュは、その中でナイブズと話していた。
ナイブズは、同胞であるプラントが人類により、死の瞬間まで搾取され、ごみ同然に殺されたとヴァッシュに語る。

ヴァッシュ自身、亡くなったプラントは多数見ていた。
そのどれもが「黒髪」だった。
寿命ではなく「能力」を限界まで使った証だった。
だけどと彼は続ける。

この砂の惑星で人間が生きていくためには、プラントに頼るほかない。
飢えや渇きに人々が苦しみ、「仲間」を疲弊させる程、その力を使うことなったのは、ナイブズが引き起こしたビックフォールが原因だと話した。

彼らの対話の間も方舟は進み、街の中心、シップの真上に到達していた。
憲兵軍は通信に応じない方舟に対し、攻撃態勢を整える。

その軍の前に、方舟から三人の男が降り立った。
ウルフウッドを含む、ミカエルの眼の三人だった。

ウルフウッドはパニッシャーからロケット弾を放ち、憲兵が引くよう図るが、車椅子の老人はそれを許さず、ダブルファング、リヴィオに殲滅を命じた。

憲兵の中に飛び込んだリヴィオは、一瞬で彼らの命を奪った。
足止めで十分だと、ウルフウッドは老人に銃を向ける。
だが老人は意に介さず、生き残ったほうが地獄だとウルフウッドに返した。

方舟からシップのプラントたちを見下ろすナイブズに、這いつくばりながらヴァッシュは語り掛ける。
本当に人は変われないと思うか?と

時間はかかるが、人は前に進める。少なくともレムはそうだった!!
そう話し、ナイブズを説得する。

だがナイブズは、そのかかる時間が問題だと言う。
その間にも、仲間は次々と搾取され、干上がり捨てられてゆく。

なら、そこを正しにゆけばと言うバッシュにナイブズは、家畜の言葉など誰も聞かない、奴らは吸い上げられる所からは、無反省に吸い上げる。
それは歴史が証明していると語った。

この現実が歪みきっている。我々が譲る道理などない。

「テスラの姿を忘れたか」

その言葉に、ヴァッシュはレガートに拘束され、動かない筈の右手を床に叩きつけた。

「忘れてないさ、片時も!!
忘れるもんか、あの日から俺たちは狂った…!!」

涙を流しナイブズを睨みつけヴァッシュはそう言い放つ。

「だがなナイブズ。
 だからこそなんだ。

 暴力は受けた側からしか、その本質は語れない。
 苦痛にうたれた者にしか、争いを止める真の言葉は吐けない。

 テスラの死を…
 ただ憎しみと争いの連鎖の中に組み込むか
 胸に秘めた自分の礎にするか

 本当の戦いはそこにある
 目を逸らすなナイブズ!!」

ヴァッシュの言葉に、怒気のこもった笑いを返し、なるほどその通りだとナイブズは言う。
自分は苦痛によって本質を学んだ。
ならば奴らも学ばねばならない、それで公平(イーブン)だ。

これは全てを公平に戻す戦いなのだ。
眼下にシップを見下ろしながら、ナイブズはそう口にした。

今回の見どころ

・エンディレラに対するヴァッシュの返答
プラントを取り込み、巨大な力を得たナイブズ。
彼の力を背景に、エンディレラはヴァッシュに、勝てるわけがない諦めろと忠告します。

しかしヴァッシュは、死をなにより厭うウルフウッドが、自分のために命を懸けた事、それだけで戦う理由は十分だと忠告を拒否します。
ヴァッシュのウルフウッドに対する想いが、垣間見える気がします。

※あくまで私見です。

感想

ヴァッシュはレガートにより自由を奪われ、ナイブズは都市の生命線であるプラントを街から吸い上げ、それにより惑星は干上がりました。

そんな中、メリル達はヴァッシュ奪還に向けて動き出します。
またウルフウッドの過去が語られ、彼は家を守るため、一人カルカサスに向かいます。

ガンスミスのマーロンがいい仕事をしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのskeezeによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

通天閣

庭先案内 6

庭先案内 6 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内としては最終巻ですが、タイトルを毎回変える形で …

ハンバーグ

えびがわ町の妖怪カフェ 4

えびがわ町の妖怪カフェ 4 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 えびがわ町が主催する花火大会。 大会では一口千円で願い事を書いた紙を花火に貼り付け打ち上げるという企画を行っていまし …

VHS

トクサツガガガ6

トクサツガガガ6 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、26歳→27歳、OL、特撮オタク。 結婚式の二次会への移動中。閉店したレンタルビデオ店を見て、叶は高校時代を思い出す。 特撮から離 …

漁船

庭先案内 5

庭先案内 5 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。 各話あらすじ感想まとめ 各話あらすじ 幻燈機6モンゴ …

プールサイド

白暮のクロニクル 5

白暮のクロニクル 5 ビックコミックス 著:ゆうきまさみ 出版社:小学館 デリヘル嬢連続殺人事件。 それは一人の男の想いが歪んで起こされた物でした。 事件解決に当たり魁と衝突したあかりは、少し彼と距離 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。