漫画完結作品

トライガン・マキシマム 5

投稿日:2019年3月2日 更新日:

羽根トライガン・マキシマム 5 YKコミックス
作:内藤泰弘
出版社:少年画報社

血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。
今回は前巻に続き、ガントレットたちとの戦いから描かれます。

広告

#3 喪失 あらすじ1

ガントレットとミッドバレイに、人質として攫われたメリルを救出するため、ヴァッシュとウルフウッド、そしてミリィは龍津城に向かった。

そこでヴァッシュは、ガントレットが、かつて自分が消滅させたジュライの生き残りであると知る。
戦う意思を見せず、ナイブズとの決着を口にするヴァッシュに、ガントレットはつまらんと吐き捨て、メリルを餌にヴァッシュを誘きよせる事にした。

監視役として同行していたザジを屠り、メリルを助けに来たヴァッシュに、ミッドバレイの技で無音の中、弾丸と化し突進するガントレット。
その無音を打ち破ったのは、ミリィの放ったスタンガンだった。

音の戻った世界で、ミッドバレイの攻撃で視覚を失ったウルフウッドは、ミッドバレイに肉薄した。

銃を突きつけ合う、ウルフウッドとミッドバレイ。
ミッドバレイはウルフウッドを裏切り者と呼んだ。
対峙する二人の後ろに、ミリィが駆け付ける。

それが二人の均衡を崩し、トリガーが引かれる。
ウルフウッドは、咄嗟にミリィをパニッシャーで庇い、その隙をついて放たれた、ミリィのスタンバレットがミッドバレイを襲う。

スタンバレットを衝撃波で撃ち落とし、ミッドバレイは姿を消した。
彼は、ウルフウッドの戦闘力に、感嘆の声を上げていた。

ふと仕掛けられた爆弾に目をやる。彼がGUNG-HO-GUNSから抜け出す事を、手助けすると言ったガントレット。
その彼をアシストしきれなかった事を、ミッドバレイは心の中で詫びた。

音が戻り攻撃が届く前に、ヴァッシュに気付かれたガントレットだったが、そのままヴァッシュをグーデリアを使い、壁で押し潰す。
彼は、変な減速感を感じたことで、ヴァッシュを倒せたか確信が持てずにいた。

攻撃の影響で、体の自由が利かない彼の目に、羽根のような物が映る。
それはヴァッシュの体から、出現していた。
その姿は、ガントレットの脳裏に、ジュライの最後を呼び起こさせた。

ガントレットはグーデリアの推進器を作動させ、メリルの乗ったエレベーターごとヴァッシュを潰そうとした。
しかしヴァッシュから出現した羽根が、それを阻止しようと広がった。

羽根はガントレットの頭にも伸びる。それは、彼にヴァッシュの過去を見せた。

あらすじ2

ジュライでナイブズと再会したヴァッシュは、彼に銃を向けるが、一瞬で倒され、どこかに運ばれる。
そこでヴァッシュは、ドクターとナイブズが呼ぶ男に、何らかの処置を右腕にされていた。

ドクターは力の大きさに怯えを見せるが、ナイブズは「だったら俺たちを消すのか」と暗い目で彼を見返した。

ヴァッシュの羽根は、エレベーターの中のメリルにも届く。
変質した右手を見てヴァッシュは、「これはなんだ!!」とナイブズに問う。

ナイブズは自分たちの持つ力を、ずっと研究してきたと語る。
その間にも、ヴァッシュの右手は変化をつづけ、流れ込む力の大きさに思わず膝をつく。

ナイブズは、力について語り、ヴァッシュに問う。

「100年近く、その中で生きてきて
おまえ、いちども人間に対して、
憎しみを持ったことがなかったのか!?」

ナイブズはヴァッシュの制止を聞かず話を続けた。
彼はヴァッシュの躰の痕を見て、絶句したと語った。

「何度、裏切られた?
何度、傷つけられた?
何度、嘘をつかれた?
何度、屈辱をうけた?

人間扱いされなかったことは?
大切なものを奪われた事は?
いわれなく疑われた事は?
笑いながら踏みにじられた事は?」

ガントレットは、ヴァッシュの過去を見る事を拒むが、羽根は記憶を見せ続けた。

震えながら、ナイブズに銃を向けるヴァッシュ。
そんなヴァッシュにナイブズは、現実を凝視しろ、お前は矛盾だらけだと話す。
綺麗事と痩せ我慢の生き方が、お前の心を蝕んでいるんじゃないのか、そう言ってヴァッシュの顔に手をやり、言った。

「恨むぜ……レム
こいつをこうしちまったのは……あんただ」

それでも、ナイブズに手を伸ばし、襟首をつかむヴァッシュに、ナイブズはこの阿呆が!!と激高し頭を押さえつける。

ガントレットは、涙を流しながら乞う。

「見せないでくれ!!
 JULY(あのとき)の、その瞬間など!!」

ヴァッシュが作り出した銃口は、ナイブズに向けられ、そして力は放たれた。

力はジュライを崩壊させた。
ガントレットが愛した女性を飲み込んで……。

感想

ヴァッシュの力の暴走により、愛する者を奪われたガントレット。またヴァッシュは、力の反動で忘れていた、ジュライでの一部始終を思い出します。

ジュライで出会った人々を失ったヴァッシュの涙は、とても切なく感じました。

ガントレットは、ヴァッシュに「生きて苦しめ」と言い残し、愛した女性に迎えられ、笑顔でこの世を去りました。
その顔はひどく穏やかで、満ち足りたものに感じました。

まとめ

レガートの狂気や、物凄く強そうなオカマ、エンディレラの登場など、これからの困難な旅路を、予感させる巻でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのHansによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

ヒナギク

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 1 ヤングキングコミックス 漫画:片山愁 原作:藤野晴海 出版社:少年画報社 人と接する事が苦手なハル(フジノ ハルミ)はお調子者で不思議な力を持った友人ナナシ …

サメ

トクサツガガガ9

トクサツガガガ9 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 獣将王でお気に入りの敵幹部、アガタとカブトウンの二人が退場し、お通夜気分の叶。 以前迷い込んできた、ク …

猫

猫又まんま 1

猫又まんま 1 モーニングKC 作:保松侘助 出版社:講談社 古道具屋を営む縁田佐分太(えにしだ さぶんた)は最愛の妻、環(たまき)を病で亡くし陰鬱とした日々を送っていた。 そんな彼の元に野良猫の五目 …

ヤク

テンジュの国 4

テンジュの国 4 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 競馬祭に参加したカン・シバ達、祭りではカン・シバは早駆けに出場し、優勝してラティにマーモットをご馳走しようと頑張りますが、優勝を逃します。 …

床屋

ノー・ガンズ・ライフ 第五巻 あらすじ・感想

ノー・ガンズ・ライフ 5 ヤングジャンプコミックス 著:カラスマタスク 出版社:集英社 反拡張主義を掲げるスピッツベルゲンの実行部隊として、活動しているとされるメアリーの兄ヴィクター。 彼の真意を知る …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。