漫画完結作品

トライガン・マキシマム 第四巻 あらすじ・見どころ・感想

投稿日:2019年3月1日 更新日:

地球トライガン・マキシマム 4 YKコミックス
作:内藤泰弘
出版社:少年画報社

血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。
今回は、パペットマスターたちを退け、落ち着きを取り戻したロストシップから物語はスタートします。

広告

#1 COUNT DOWN あらすじ

砂海のパウダーサンド。
そのおかげで、ほぼ完全な形で残ったシップ。
それがヴァッシュのホームだった。

彼が着ているコートやピアス型の小型通信機は、このシップがもたらした恩恵だった。

そこで暮らす少女、ジェシカはヴァッシュに淡い恋心を抱いている。

ジェシカはご機嫌だった。
彼女の思い人であるヴァッシュに、手料理をふるまえるのだから。
張り切って、食事を手に振り向いた彼女の目には、余計な奴らの姿が映った。

彼女に取っては不本意だが、お邪魔虫たちにも料理をふるまう。
不意にウルフウッドが、船が完全な形で残っているなら、使えるプラントも多いはず、その割に食事が質素だなと口にする。

「それはね」とヴァッシュは語る。
プラントは、住民が最低限暮らせる物資を作り出す以外は、通信エネルギーの確保に回されている。
それは長距離通信に使われているそうだ。

ブラドが星間通信の話をするが、ウルフウッドにはいまいち、ピンと来ないようだ。
ヴァッシュは、ウルフウッドを通信室に案内した。

そこには天井に、地球を模したオブジェが備えられていた。

「この船は、地球に…」

ヴァッシュの説明では、100年近く前から、メッセージを送り続けているらしい。

ウルフウッドは思う。

助かるのか―?「俺たち」は―
この星は、ジリ貧だ。人口は減る一方、
いや食い扶持が一杯でこれ以上増えない。

プラントに依存して生きている以上、
それが干上がれば、集落一つ一瞬で滅ぶ。
救ってくれとは言わない。
ただ

「明日につながる、希望をくれ……
神よ……」

シップの通信制御室にてランプが点滅し、担当者に何らかの反応があったことを伝える。
慌ただしく解析が成され、鍵と圧縮文章だと判明する。
それに添付されていた解説文は、英語で書かれていた。

ルイーダが責任者に「結論は?」と尋ねる。
彼は言う。間違いありませんよ。我々は引き当てたんです。

親愛なる同士よ……
一世紀の星霜を経て
こうしてまた、お互いの存在を
確認し得た事
心より喜ばしく思う……

彼らの一世紀に及ぶ試みは、ようやく実を結んだ。
送られたメッセージは、亜空間パケット送信で行われていた。
地球ではワープドライブが実現している。

ならば、数年の間に……
船がやってくる!!

ルイーダが、シップのクルーに感謝と賛辞を送っている。
その様子を見ながら、ヴァッシュとウルフウッドは手を打ち合った。

その日、シップはお祭り騒ぎになった。
みんなしこたま飲み、そして幸せな気分で眠りについた。

一緒に騒ぎ眠っていたヴァッシュは、異様な気配で目を覚ました。
ナイブズが力を使おうとしていた。
彼の放った閃光は、大地を奔り成層圏の通信衛星を破壊した。

ナイブズはその力を使い、いずれ来る地球の船を刻み落とすと、暗い怒りのこもった目で語った。

誰にも言わず、ヴァッシュはシップを出ようとしていた。
それを見咎めたブラドが、せめてジェシカに何か言っていけと声をかけるが、必ず戻ってくると口にし、続けて「色々聞かれたら、顔に出しちまう」と話した。

ごめんな。そう言ってシップを出たヴァッシュを、凍えたウルフウッドが待っていた。
どういう事と尋ねるヴァッシュに、「あいつ」がおる限り本当の解決にはならないと答えた。

赤いコートの男と、十字架を背負った男は、再び旅立った。

ジェシカはその日、一日中泣いた。

今回の見どころ

・メリルとミリィ
二人をロストシップに置き去りにして旅に出たヴァッシュ達。
彼らが砂漠で立ち往生している所を、今度は逆にメリル達が素通りするシーンが笑いを誘います。
その後、病院でミイラのようになったヴァッシュ達の心の声が楽しいです。

広告

感想

いつ干上がるか分からない、プラントに依存して生きる、この星の住民にもたらされた希望の光。

その光を守るため、希望を刻み落とそうとしているナイブズを止めるため、ヴァッシュはウルフウッドと共に再び旅に出ました。

彼らの前に、ヴァッシュに復讐心をたぎらせる、ホッパード・ザ・ガントレットと、GUNG-HO-GUNSを抜けようと画策している、ミッドバレイ・ザ・ホーンフリークが立ちふさがります。

この巻では、ヴァッシュとナイブズ、二人の秘密がGUNG-HO-GUNSの一人、ザジの口から語られます。

トライガンは所々、コミカルな話が挿入されるのですが、今回は砂漠で立ち往生したヴァッシュ達を、メリルとミリィが車に乗せず走り去る場面が楽しかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのPIRO4Dによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

花火

少年の痕 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

少年の痕 3 マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ 作:一七八ハチ 出版社:マッグガーデン 人に怯える風助(ふうすけ)は学校に馴染めず、涼香(すずか)は彼を学校に通わせる事を止め …

らくだ

キャンディ&シガレッツ 第八巻 登場人物・あらすじ・感想

キャンディ&シガレッツ 8 ヤンマガKC 著:井上智徳 出版社:講談社 新世界秩序(ニューワールドオーダー)、一部の人間が世界の実権を握り全てをコントロールする中央集権主義。 それを目論むデヴィッド・ …

空

トライガン・マキシマム 第十四巻 あらすじ・見どころ・感想

トライガン・マキシマム 14 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描くSFガンアクションです。 今回はナイブズの腹心レガートとの決着から、物語はスタートします。 …

森と屋敷

あやかしメルヒェン 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

あやかしメルヒェン 1 アフタヌーンKC 作:白乃雪 出版社:講談社 大昔からある一族を見守って来た座敷童の花緒(はなお)。 彼女はその一族の青年、コテツの祖母の死をきっかけに祖母の家からコテツの住む …

桜

えびがわ町の妖怪カフェ 第六巻 登場人物・あらすじ・感想

えびがわ町の妖怪カフェ 6 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 えびがわ町での妖怪と料理に彩られた田舎暮らしもこれでおしまい。 まなと母親の事、そして佐吉の秘密も語られる最終巻です …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。