漫画

くらまし屋稼業 コミカライズ版 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2022年5月6日 更新日:

風車
くらまし屋稼業 コミカライズ版 1 ヒューコミックス

漫画:ユウダイ
原作:今村翔吾
出版社:KADOKAWA

今村翔吾さんの時代小説「くらまし屋稼業」のコミカライズ版。
凄腕の剣客、堤平九郎(つつみ へいくろう)。
稀代の智将、七瀬(ななせ)。
変装の名人、赤也(あかや)。

金さえ払えば何処へでも逃がしてくれる、三人のくらまし屋の活躍を描いたアクション時代劇。

広告

登場人物

堤平九郎(つつみ へいくろう)
流しの飴細工師
黒髪顎鬚の男。
金をもらい訳ありの者達の逃亡を手助けするくらまし屋の中核。
様々な流派の武術を使いこなす凄腕の剣客。

仕事の条件として七つの掟を定めている。
一つ、依頼は必ず面通しの上、嘘は一切申さぬこと
二つ、こちらの示す金をすべて先に納しこと
三つ、句引わかし(かどわかし)の類でなく、当人が消ゆることを願っていること
四つ、決して他言せぬこと
五つ、依頼ののち、そちらから会おうとせぬこと
六つ、我に害をなさぬこと
七つ、捨てた一生を取り戻そうとせぬこと

上記の約定を破った場合、平九郎の手によって浮世から姿をくらます事になる。

七瀬(ななせ)
居酒屋波積屋の手伝い
黒髪の娘。
人死を出さない表の仕事の手筈を考案する、くらまし屋のブレイン。

赤也(あかや)
女性と見紛う容姿の美青年
変装の名人で自分だけでなく、他者にもその技術を使い自在に顔や容姿を変えられる。

茂吉(もきち)
居酒屋波積屋の主人
白髪に髯の老人。
くらませ屋の仕事だけでなく、平九郎の過去も知っているようだ。

万次(まんじ)
浅草丑蔵一家のヤクザ
頭とこめかみに刀傷を持つ強面おじさん。
丑蔵の金を盗み足抜けしようとした。
現在は高輪の香具師の元締め、禄兵衛(ろくべい)に匿ってもらっている。

喜八(きはち)
浅草丑蔵一家のヤクザ
糸目太眉の元信濃武士。
万次と共に金を盗み足抜けしようとした。
彼も禄兵衛の下で匿われている。
故郷の家族の病の為、大金を欲している。

禄兵衛(ろくべい)
高輪香具師の元締め
表の顔は旅籠上津屋(こうづや)の主。
白髪眉毛の妖怪めいた老人。

陣吾(じんご)
禄兵衛一家若頭
頬に傷を持つ鋭い目つきの男。
万次達を逃がす為、平九郎と渡りを付ける。
夜討ちの陣吾の二つ名で知られている。

丑蔵
浅草香具師の元締め
金を持ち逃げした万次と喜八が上津屋にいるとしり、手下に上津屋を見張らせる。
一家の規模は禄兵衛の方が大きい為、正面切っての抗争は出来ないでいる。

お利根(おとね)
万次の情婦
酒場肇屋の女中。
万次は彼女と共に大阪に逃げようとしていた。

藤助(ふじすけ)
平九郎の住む長屋の大家
店子を気に掛ける人情に篤い男。

篠崎瀬兵衛(しのざき せへい)
道中奉行配下の同心
丑蔵の手回しで万次達を殺しの下手人として捜索する。

あらすじ

やくざ稼業に嫌気がさし、一家の金を盗んで足抜けを企てた万次と、家族を救う金目当てにその話に便乗した元信濃武士の喜八。

事が発覚した二人は丑蔵一家の内情を話す事で、高輪の香具師の元締め、禄兵衛に庇護を求める。
二人の求めを受け入れ、匿った禄兵衛だったが自身が主を務める旅籠、上津屋に万次達がいる事を丑蔵に嗅ぎ付けられ、旅籠の周囲はガラの悪い丑蔵の子分が溢れる事になった。

ヤクザ者が宿の周りをうろついていては、商売あがったりだ。
禄兵衛は万次達に宿から出て行ってくれと促す。
しかし、今出て行けば丑蔵の手下に捕まり殺される事は目に見えている。

生きて出ていくか、死体となって出ていくか。
そんな選択を暗に迫る禄兵衛だったが、いい人を紹介してあげようと提案を持ち掛ける。

「くらまし屋」。金さえ払えばどんな状況であっても、逃がしてくれる。
禄兵衛が口にしたのはそんな裏家業の者達の事だった。

感想

様々な事情で江戸から逃れたい人々。
そんな人たちの身を金さえ払えば、くらましてくれる「くらまし屋」の仕事を描いた作品。

この巻ではヤクザの丑蔵一家から金を持ち逃げした、万次と喜八の逃亡についてが描かれました。
居場所が知られて、四六時中見張られている上津屋。
そこからどうやって万次達を逃がすのか。

七瀬の考えた作戦が読んでいて楽しかったです。

まとめ

丑蔵が執拗に万次達を追った理由。
そこには人身売買を行う組織の影がありました。
その組織と平九郎達はどう向き合う事になるのか。
次巻も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの作品はComicWalkerにて一部無料で閲覧いただけます。
漫画担当のユウダイさんのTwitterアカウントはこちら
原作の今村翔吾さんのTwitterアカウントはこちら

※イメージはPixabayのpadrinanによる画像です。
広告

-漫画
-, , , , ,

関連記事

人力車

ふしぎの国のバード 第一巻 あらすじ・感想等

ふしぎの国のバード 1 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 約140年前、日本を旅した実在のイギリス人の女流冒険家、イザベラ・バードと通訳兼ガイドの伊藤鶴吉の、 …

アーミラリ球

チ。 ―地球の運動について― 第一集 登場人物・あらすじ・感想

チ。 ―地球の運動について― 第一集 ビッグコミックス 作・画:魚豊 出版社:小学館 聖書の教えを第一とし、異端思想が弾圧されていた中世ヨーロッパ。 天才児ラファウは合理性を重視し、周囲の状況に迎合す …

火の鳥

スノーボールアース 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

スノーボールアース 2 ビッグコミック著:辻次夕日郎出版社:小学館 地球を襲った銀河怪獣と戦い救世主となった少年、流鏑馬鉄男(やぶさめ てつお)。対銀河怪獣用ロボット、スノウマン(ユキオ)の自爆によっ …

山羊

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

赤ずきんの狼弟子 月への遺言 3 著:茂木清香 獣人、人間、狩人、三種の人が住む世界で、本来狩る側と狩られる側の二人が師弟になる物語。 この作品は同人誌として発表された物で、商業版の主人公ウルとマニが …

森

波よ聞いてくれ 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

波よ聞いてくれ 3 アフタヌーンKC 作:沙村広明 出版社:講談社 光雄(みつお)に別れを告げたミナレ。 ディレクターの麻籐(まとう)は彼女の別れをラジオドラマにする事で、光雄への想いを埋葬しろと彼女 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。