漫画

クマ撃ちの女 4

投稿日:

狐クマ撃ちの女 4 BUNCHコミックス
作:安島薮太
出版社:新潮社

法を無視して車内から熊を撃った光本。
チアキに持論を語り仕留めた熊に歩み寄った光本でしたが、熊は息絶えておらず彼は瀕死の熊に襲われてしまいました。

広告

登場人物

矢木(やぎ)
カズキの母方の祖父
チアキの事をカズキに紹介した人物。
この巻ではチアキが五頭(光本が仕留め損ねた物を含む)熊を撃っている事を知り、それを猟師仲間に話す。

サオリ
チアキの高校時代のクラスメイト
チアキの姉、チカに強い憧れを持ち、妹であるチアキに嫉妬心を抱いている。
得意な数学でチアキのマウントを取ろうとする。

あらすじ

瀕死の熊に銃と指を飛ばされた光本は、そのまま熊に頭を押さえ付けられる。
チアキはそんな状況の中、担いでいた銃を構え躊躇なく熊を撃った。
そのままボルトを操作し銃弾を次々と熊に浴びせる。

五発目の弾が頭を上げた熊の喉を貫き、光本に覆いかぶさる様に熊は絶命した。
光本は重傷を負ったが命に別状は無いようだ。
熊の下からカズキ達に助けを求める。

「もう大丈夫ですよね!?」

そう問いかけたカズキにチアキは答えず、不思議に思ったカズキが再度問いかけると彼女は暗い笑みを浮かべ、

「確かに……弾は予め装填していたほうが、便利ですねぇ……」

とぼそりと呟いた。

感想

今回は光本の一件から始まり、それを切っ掛けに法により禁止されている事前の弾込めを始めたチアキの熊猟の様子と、冬になり牧場を襲う様になった一頭の熊との再会が描かれました。

また、今回は高校時代のチアキの様子により、彼女の負けず嫌いという本質的な部分も描かれています。

この巻を読むまではチアキは姉の復讐の為に熊を撃っていると思っていましたが、どうも彼女は熊に怯え一方的に負けた事に強い憤りを抱いていたようでした。

今回、読んでいて感じたのは猟銃の扱いに対する法の有り方についてでした。
冒頭、もしチアキが法を順守しライフルに弾を込めていなければ、光本は確実に死んでいた筈です。

過去に起きた銃を使った犯罪。
それらを考えれば安易に規制を緩くしろとは言えませんが、イノシシや熊等、危険な獣と相対する時に弾を弾倉に込め、ボルトを操作し狙いを付け発砲するとかやっていたら自分が危ないように思います。

狩猟区に入ったら弾倉に弾を込めるのはOKぐらいにはしてもいい様な気がしました。

あっ、あとカズキによる旭川グルメも収録されてました。
ラーメン、焼き鳥、ジンギスカン。
どれも美味しそうでした。
新子焼き(若鳥の半身焼き)食べてみたいなぁ。

まとめ

作品は因縁深い熊も登場し、クライマックスへと向かっているようです。
チアキのリベンジがどうなるのか、次巻も楽しみです。

こちらの作品はくらげバンチにて一部無料で閲覧いただけます。
作者の安島薮太さんのアカウントはこちら

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのSergio Cerratoによる画像です。
広告

-漫画
-,

関連記事

馬

ヴィンランド・サガ10

ヴィンランド・サガ10 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。 ケティルの農場で、開墾作業を続けるトルフィンとエイナル。 彼らは偏屈な老人スヴェ …

月に吠える

八月九日 僕は君に喰われる。 1

八月九日 僕は君に喰われる。 1 バンブー・コミックス 著:tomomi 出版社:竹書房 幼少期からストーカー被害に遭っている少年、櫻井青(さくらい あお)。 その被害から逃れる為、転校した櫻井でした …

厳島神社

ざつ旅 -That’s Journey- 2

ざつ旅 -That’s Journey- 2 電撃コミックスNEXT 著:石坂ケンタ 出版社:KADOKAWA 漫画が没になった事を切っ掛けに始めたSNSアンケートによる旅。 傷心と憧れか …

山と草原

おとなりの天涯 1

おとなりの天涯 1 電撃コミックスNEXT 著:きぃやん 出版社:KADOKAWA やる気の出ない仕事をこなし、家と会社の往復だけの毎日を過ごしていたOLの土屋ルノ。 何処か別の場所へ行きたい、そう思 …

バイソン

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 2

ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~ 2 角川コミック・エース 著:瀬野反人 出版社:KADOKAWA 教授の足跡を辿り旅を続けるハカバ。 海辺を通り、死の街と呼ばれるかつて人間が暮らし …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。