漫画

アルテ 第十六巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2022年3月24日 更新日:

帆船
アルテ 16 ゼノンコミックス

著:大久保圭
出版社:徳間書店

アルテがカスティリアへ亡命して八年が過ぎていた。
その間にイレーネ(カタリーナ)の兄、スペイン皇帝と旧知の仲だったローマ教皇が倒れ、新たな教皇が立ったが、新教皇はスペイン皇帝に対し警戒感をあらわにした。

イタリアはその事で二つに割れ、レオのいるフィレンツェはスペインとの対決姿勢を強める。
また、その事でアルテに無実の罪を着せたシルヴィオ枢機卿は、フィレンツェを亡命していた。

そんなイタリア、フィレンツェの混乱に乗じて、アルテはレオに会う為、カスティリアを出てイタリアへと向かう。

広告

登場人物

フランコ
アルテの護衛役の一人
金髪でよく笑う青年。
護衛役のリーダー、グイドの幼馴染。
感が良く航海中、海賊船をいち早く見つけた。

セシリオ
アルテの護衛役の一人
バンダナ髯の男。
バルバリー海賊の使う曲刀を愛用している。

パコ
アルテの護衛役の一人
金髪糸目の青年。
護衛役の三人は全員気さくなアルテとすぐ打ち解けた。

あらすじ

フィレンツェでは罪人であるアルテが、彼の地に赴くには戦争により秩序の失われた今しかチャンスは無かった。
優秀な宮廷画家として、そしてその人柄も高く評価しているイレーネや、彼女の側近アスセナ、アルテの身の回りの世話を焼いてくれた召使いのエリサとステラも別れを惜しんでくれた。

そんなカスティリアを離れ、アルテは護衛のグイド、フランコ、セシリオ、パコの四人と共にガレー船でジェノバへと向かった。

護衛のリーダー、グイドは貴族のアルテが設備の悪いガレー船に乗るのを渋るのではと考えていたが、アルテはすんなりとガレー船に乗る事を了承。
護衛の三人とも一瞬で打ち解け、自ら口にしたように船の仕事を手伝い始めた。

そんなアルテの姿を見て、グイド自身もアルテの事を気に入り始めていた。

感想

前巻ではカスティリアでの生活が描かれるのかと思っていましたが、この巻ではその辺りはすっ飛ばして、戦争中のイタリアへの帰還の模様が描かれる事となりました。

中世、大航海時代、地中海のみならず大西洋を行き来する船も多いこの時代は、海賊が提督として成り上がれる時代でもありました。
この巻でもアルテ達の乗った船は海賊の襲撃を受け、アルテは人が殺される場面を目の当たりにします。

罪人にされかけたりはしましたが、割と平和に暮らして来たアルテ。
そんな彼女が戦中のイタリアで何を見るのか、次も楽しみです。

まとめ

戦争の準備を着々と行うフィレンツェ。
そのフィレンツェで仕事を続けるレオ。
アルテはレオに会えるのか、その道中は……先が気になります。

この作品はコミックゼノン公式サイトで第一話が無料でお読みいただけます。
作者の大久保圭さんのツイッターはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのblende12による画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

雨

スーパーカブ コミカライズ版 2

スーパーカブ コミカライズ版 2 角川コミックス・エース 漫画:蟹丹 原作:トネ・コーケン 出版社:KADOKAWA スーパーカブと女子高生をテーマにした作品のコミカライズ版です。 小熊の買った一万円 …

火の鳥

スノーボールアース 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

スノーボールアース 2 ビッグコミック著:辻次夕日郎出版社:小学館 地球を襲った銀河怪獣と戦い救世主となった少年、流鏑馬鉄男(やぶさめ てつお)。対銀河怪獣用ロボット、スノウマン(ユキオ)の自爆によっ …

ドーナツ

殺し屋やめたい! 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

殺し屋やめたい! 2 モーニングKC 作:外木寸 出版社:講談社 娘の付き合っている相手がどんな人物なのか。 気になった神父の白舟(しらふね)は、デートに向かった紅華(べにか)の後をつける。 そこに現 …

サボテンと夜

違国日記 第六巻 あらすじ・感想

違国日記 6 フィールコミックス 著:ヤマシタトモコ 出版社:祥伝社 槙生がいつ渡そうか迷いしまい込んでいた母、実里の日記を読んだ朝はその事で改めて自分が何を失ったのか気付きます。 それは彼女に自分と …

カラカル

風都探偵 2

風都探偵 2 ビックコミックス 脚本:三条陸 作画:佐藤まさき 原作:石ノ森章太郎 監修:塚田英明 クリーチャーデザイン:寺田克也 出版社:小学館 仮面ライダーWの正統続編。 テレビシリーズのその後を …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。