漫画

よふかしのうた 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2022年3月1日 更新日:

リボルバー
よふかしのうた 10 少年サンデーコミックス

著:コトヤマ
出版社:小学館

吸血鬼になった父親に母親を殺された目代キョウコ(探偵、鶯アンコ)は、ハロウィンの夜、銃を片手に吸血鬼達を襲う。
襲撃と逃亡を繰り返したキョウコは学校へと逃げ込み、かつて眷属になろうとしたナズナと対決して……。

広告

あらすじ

体育館に逃げ込んだキョウコを追い詰めたナズナだったが、本心では先輩として交流のあったキョウコを殺したくは無かった。
そう言って泣いたナズナの下にコウが駆け付ける。

そのコウにキョウコは銃を向けた。
咄嗟にナズナはキョウコに飛びかかるが、蹴り飛ばされ間合いを取られる。

「ずるいだろそれはッ!!」

キョウコがコウを狙うなら殺すしかない。

「さいしょからそうなんだよ、七草」

不敵に笑って答えたキョウコにナズナは襲い掛かる。
だが、そのキョウコにコウは飛び付いた。
思わず足を止めるナズナ。

「だめだ、ナズナちゃん!! 探偵さんは初めから……」

そう言い掛けたコウを殴り飛ばし、キョウコは倒れた彼に銃口を向けた。
ナズナはやめてよ、友達なんだとキョウコに懇願するが、私もだろとキョウコは聞く様子を見せない。

躊躇しないで殺していれば……。

そうコウに詫びるナズナに彼は大丈夫だよと返した。
コウはキョウコが自分を殺すつもりが無いと断言した。

コウが推理したキョウコの目的、それは自分が殺される事によって吸血鬼の存在を広く世に知らしめ、夜を出歩く人を無くし無人の夜を作り出す事だった。

感想

今回は探偵、目代キョウコ(鶯アンコ)の目的とその顛末から始まり、コウ撃たれて一瞬吸血鬼化、キョウコによる吸血鬼化のメカニズム、コウ振られる、キョウコの父を吸血鬼に変えた者の捜索の始まり等が描かれました。

キョウコは吸血鬼の過去を探り、一人一人殺していく事に限界を感じ、無人の夜を作り出し吸血鬼という種の抹殺を狙っていました。
その計画もコウの介入によってうやむやとなり、彼女は改めて自分の人生を生きる事にしたようです。

そんなキョウコの十年を無駄にさせない為、コウは彼女の父親を吸血鬼と変えた者との対話を望みます。

十年間復讐に生きて来て、普通の人が通過するモノを全く経験していないキョウコ。
そんな彼女の涙を見て、憤りを感じたコウが何だかカッコ良かったです。

広告

まとめ

キョウコの父を変えた相手との対話。
彼女の目的は何なのか、眷属を増やし続ける意味は。
次巻も読むのが楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この作品はサンデーうぇぶりにて一話二話が無料で閲覧いただけます。
作者のコトヤマさんのアカウントはこちら

※イメージはPixabayのustm66による画像です。
広告

-漫画
-, , , , , ,

関連記事

白猫

怪異と乙女と神隠し 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

怪異と乙女と神隠し 5 ビッグコミック 著:ぬじま出版社:小学館 人気Vtubar、姫魚よるむん。そのよるむんの引退を機に中の人の意識、それに運営の意図とは関係なくよるむんは動きだし、勝手にファンを応 …

結婚指輪

女の園の星 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

女の園の星 2 フィールコミックス 著:和山やま 出版社:祥伝社 女子高の教師、星先生の日常を描いた作品です。 登場人物 古森(こもり) 星のクラスの生徒 緩いパーマのロングヘアーで垂れ目の少女。 星 …

天秤座

ミステリと言う勿れ 第十巻 登場人物・あらすじ・感想

ミステリと言う勿れ 10 フラワーコミックスアルファ 著:田村由美 出版社:小学館 知り合いの刑事、青砥(あおと)の娘、友香(ゆか)が誘拐された。 その誘拐の犯人“してんちょう”と名乗る者の指示に従い …

蟹

ダンダダン 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

ダンダダン 2 ジャンプコミックス 作:龍幸伸 出版社:集英社 お互い幽霊と宇宙人の存在を巡って対立した女子高生の桃とクラスメイトのオカルトオタク、オカルン(本名、高倉健)。 その事で桃は宇宙人が出没 …

パピヨン

DOG SIGNAL ドッグシグナル 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

DOG SIGNAL ドッグシグナル 4 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 元カノの優子(ゆうこ)と再会した未祐(みゆ)。 彼女は新たに飼い始めたティアラ(マイクロティー …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。