漫画完結作品

ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 第五巻 あらすじ・感想

投稿日:2022年2月14日 更新日:

エーデルワイス
ナナシ ~ナくしたナにかのさがシかた~ 5 ヤングキングコミックス

漫画:片山愁
原作:藤野晴海
出版社:少年画報社

怪異を見る事ができる少年ナナシと、彼と出会った事で見える様になったハルのもう戻れない日々を綴ったお話です。

お互い相手を大事だと思いながら、傷つけ合い別れてしまったハルとナナシ。
その別れはそのまま永遠の物となり……。

広告

あらすじ

ナナシに謝れないまま、ハルは謝罪の機会を永遠に失った。
その事に強い後悔を抱いていた彼は、ナナシの墓に向かいそこでナナシの叔父であるレイジと出会う。

レイジはナナシが死ぬ直前まで一緒に暮らしていた。
彼はハルを自宅に招き、ナナシが使っていた部屋をハルに見せた。
そこにはハル達の写真や、授業中に回したメモがコルクボードに張られていた。

日常の何気ないやり取り、一緒にいればいくらでも作れたモノ。
そんなモノがナナシにとってはとても大切なモノだったのだ。

どうしてもっと、ハルの中に後悔が溢れ、それは涙となって瞳から流れ落ちた。
そんなハルにレイジが一冊のノートを手渡す。
それはナナシが死ぬ直前まで書いていた日記だった。

感想

今回はナナシの日記から始まり、会長と日記、ハル会長の家に行く、太陽と墓参り、アキヤマの初恋、ヤナギとトモダチ、ナナシとの別れ、幸せな夢とエーデルワイス等が収録されました。

ナナシは転校しハルと再会する事無くこの世を去りました。
お互いに謝ろうと思っていた二人。
この巻ではハルの後悔と本当の別れが描かれました。

多感でナイーブな時代を共に過ごした親友との日々、最終話ではそれは後悔に満ちたモノでは無く、とても大切な記憶へと変わっていた様に感じました。

忘れられないのではなく、忘れたくないモノに彼の中で変わったのかなとラストのエピソードを読んでいて、そんな事を思いました。

広告

まとめ

作品はこの巻で完結。
淡く儚い、一瞬だけど永遠の日々、そんな印象の作品でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

漫画を描かれた片山さんのTwitterはこちら
原作者の藤野さんのTwitterはこちら

※イメージはpixabayのSimonによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

廃工場

師匠シリーズ コミカライズ版 第四巻 -人形- 登場人物・あらすじ・感想

師匠シリーズ 4 -人形- ヤングキングコミックス 漫画:片山愁 原作:ウニ 出版社:少年画報社 web発の人気オカルト小説のコミカライズ版の第四巻 この巻には、溶接、人形、写真、足音、将棋の五話が収 …

サッカーボール

友達として大好き 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

友達として大好き 1 アフタヌーンKC 著:ゆうち巳くみ 出版社:講談社 性に奔放で人の考えを読めないギャル、櫨沙愛子(はせ さなこ)は女子に追われ逃げ込んだ生徒会室で超マジメでクールな生徒会長、高敷 …

雀

やさしいヒカリ 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

やさしいヒカリ 1 アフタヌーンKC 作:中村ひなた 出版社:講談社 大学を卒業し東京の会社に就職した三宅飛鳥(みやけ あすか)。 しかし、激務の日々は徐々に三宅を疲弊させていきました。 ついに駅のホ …

トマト

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 4 イブニングKC 原作:クマガエ 漫画:宮澤ひしを 出版社:講談社 漫画雑誌の編集者だった佐熊陽平(さくま ようへい)は十四年務めた出版社を …

狐

978-4 キューナナハチヨン 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

978-4 キューナナハチヨン 4 ヤングキングコミックス 著:ヤマモトマナブ 出版社:少年画報社 北海道のとある神社の敷地内にある書店。 朝日河神社書店。その本屋では神様の導きで必要な本と巡り合う奇 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。