漫画

ふしぎの国のバード 5

投稿日:2019年2月23日 更新日:

キラウエア火山ふしぎの国のバード 5 ビームコミックス
作:佐々大河
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン

実在したイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第5弾。

広告

第20話 金山1 あらすじ1

旅は進み、バード達は山形まで辿り着いた。
宿で頼んだ按摩の言葉で、バードの背中が自分が思っていたより深刻な事を知ったイト。

更に母からの手紙で、マリーズが母と会ったことを知る。
また同封されていたマリーズの手紙には、イトを告発する用意がある事、戻ってくれば現在バードが支払っている月給より、多く支払う事、そしてバードの背中の状態についてが記されていた。

悩んだイトは、按摩の女房である梓巫女に口寄せを頼む。
口寄せで呼ばれた父親は、旅を続ければ、目の前で誰か死ぬと予言する。

不安を抱いたまま、二人の旅は続く。

イトは宿の女中に郵便局へのお使いを頼む。
宛先は東京のイギリス公使、ハリー・パークスとなっていた。

宿を出発した二人は雨の中、目的地の金山集落を目指し、羽州街道を進んでいた。
イトが車夫に詰め寄っている。

バードがイトにどうしたのか尋ねると、車夫が迷ったようだ。
機嫌の悪いイトをなだめ、雨が続いて道が普段と違うから、迷いやすいと車夫を庇う。

車夫は頭を下げながら、ここまで酷い梅雨は初めてだと口にする。
バードは、水害について忠告してくれた、船頭の半次の言葉を思い出していた。

それよりと、バードはイトがちゃんと寝ているか確認する。
いつもは冷静な彼が、少し迷ったぐらいで怒鳴るなど珍しい。

イトは遭難でもしたらと口にするが、バードは落ち着きなさいと話し、場所について説明した。
自分の居場所を完璧に把握しているバードに、車夫が初めての場所で、何故そんなことまで分かるのかと疑問を口にする。

バードは地図とコンパス、手帳を掲げ、読図と答える。
地形や移動した距離を地図と照らし合わせ、自分の位置を確認し道の先を予測する。旅人の基本技術よと彼女は話した。

駆け戻った車夫が、道行く歩荷に確認した情報では、バードが言った通りだったようだ。
迷ったり、天候、地形が厳しくなれば、私の経験が活きる事も増えそうね。そう言ってバードは人力車に乗り込む。

冒険らしくなってきたわと、笑顔を見せるバードとは逆に、イトは危険度が増してきたとも言えますねと暗い表情で呟いた。

雨は激しさを増し、荒れた道は人力車の進行を妨げる。
人力車を後ろから押そうとしたバードだったが、雨に濡れた岩で足を滑らせる。

それを見たイトは慌ててバードに駆け寄り、必死の形相で体に痛みは無いか、背中は大丈夫かバードに尋ねる。
バードは、イトに気付かれたかと焦るが、彼は特に何も言わず、滑り止めにと、ブーツの上から草鞋を履かせた。

イトは必要最低限のこと以外はするなと、バードに釘をさし、歩き出そうとする彼の耳に、痛みを訴えるバードの声が響く。
やはり背中がとイトが駆け寄ると、彼女は山蟻にかまれたようだ。

軟膏をとりだし、使って下さいとバードに差し出す。
しかし、軟膏を塗るため手袋を外した手の甲は、赤く腫れていた。
蟻以外にも、色々やられているようですがと尋ねるイト。

それに困ったように頬を掻きながら、宿では薬と蚊帳で、害虫は防げるようになったんだけどと、袖をまくり腕を見せる。
その腕は複数個所を様々な害虫に噛まれていた。

なぜすぐに言わないのかとバードに迫るイト。
それに、心配させたくなかったし、言っても仕方ないかとと弁明する。

イトは軟膏を塗りながら、膿んでいるから、熱が出ますよと呆れながら言った。
そして、虫よけの匂い袋をバードに手渡す。

バードは高価そうだし、貰うとイトが…と、断ろうとするが、彼はいいからと強引にバードに匂い袋を押し付けた。
龍脳という植物で作られたというそれは、嗅ぐといい香りがした。

急に優しくなったイトに、何かあったのかとバードは問うが、答えは車夫の峠が見えたという声に遮られた。

峠からは、水田の広がる金山集落が一望出来た。
雨も上がり、雲間から光が差し込み、山に囲まれた緑の水田を照らす。
まるで桃源郷(アルカディア)のような景色にバードは笑みを浮かべた。

あらすじ2

集落から聞こえる太鼓の音に、お祭りみたいとバードは足を速めた。
集落では人々が太鼓や笛等を奏でながら、行列を作り練り歩いていた。

豊穣祈願かとバードは思ったが、藁で作られた百足を模した物が引きずられている。
イトが蝗送りの儀式だと教えてくれた。

蝗送り?と尋ねるバードに、イトは詳しく説明する。
害虫を村の外に送り出すために、大きな音をたてたり、虫の形代を引きずり回して燃やしたりする風習のようだ。

送る?駆除するんじゃなくてとバードは問う。
それに送ると言うのは迷信で、実際、駆除する方法もあるとイトは答えた。

稲を枯らす虫を油を加えた水田に払い落として、溺死させる。
秋には殺した虫を供養する儀式も行うようだ。

害虫を供養することに驚き、西洋と日本での、命に対する考え方の違いをバードは感じた。
イトは儀式をするほど、害虫の多い時期だから、今まで以上に警戒をとバードに注意した。

そうするわと答えたバードの左手を、鋭い痛みが襲う。
雀蜂が彼女の左手を手袋の上から刺していた。
払いのけ、バードはイトに雀蜂よと警告を発する。

グローブを外したバードの左手は小刻みに震え、赤く腫れあがっていた。
イトは傷口から毒を吸い出す。

そんな二人の周りに興奮した蜂が集まり初めていた。
イトはバードに、黒い蓑を静かに脱ぎ、民家の軒先にあった巣から離れ、水車小屋の奥を曲がるよう提案する。

二人は蜂から逃れるため、水車小屋を目指し駆け出すが、途中バードの背中が悲鳴を上げ、橋の上に倒れ込んでしまう。
蜂の攻撃をさけるべく、イトはバードを抱え、川の中に飛び込んだ。

民家に辿り着き、イトに介抱されるバードの左手は倍以上に膨らんでいた。
痛みが頭を突き抜け、熱も出ている。

土間に集まった人々が、蜂に刺された際の治療について、様々な民間療法を言い合っていた。
そんな人々を下がらせ、集落の戸長がバードに頭を下げる。

バードは儀式の日にお騒がせしてと、戸長に頭を下げた。
戸長はそんな事お気になさらずと首を振り、蜂の巣のあった家の人間をバードに紹介した。

彼は早期に撤去していれば反省し、恐縮して土下座している。
戸長の話では、家を災難から守ろうと放置したらしい。
バードはイトにどういうことか尋ねる。

イトは熱と痛みに苦しみながら、メモを取るバードに、そんな状態でと思いつつも説明した。
蜂が巣食う家は、火事にならないという迷信があるとバードに伝える。

バードは、厳しい道のりを超えた先に見知らぬ文化や、観たことのない絶景とこういう知らない世界が広がっている。
これこそ旅の醍醐味だわと、熱で上気した顔に笑みを浮かべた。

イトはその言葉に、厳しい表情で、それは命をかける程、大事なことかと尋ねた。
どういう意味と問い返すバードに、医者を呼んでいるが、雨で来られるか分からず、複数刺されていれば死の危険もあったと口にする。

それに対してバードは、初めて会った日に話したはずと返す。
彼女は確かにイトに尋ねた。
命がけの旅になるかも知れないが、ついてこれるかと。

すべて覚悟の上のことでしょう。忘れたとは言わせないわよとバードは続けた。
それにイトは、バードに持病があるとは知らなかったと答えた。

イトは、バードが最近たびたび、背中の痛みに苦しんでいるのを見て、旅を続けるのは無理なのではないかと口にする。
更に続けて、これは覚悟の問題ではなく、現実についての話だとバードに告げた。

その言葉に、バードはイトを睨みつけ、返した。

「現実に私は、この体で世界中を旅してきたわ。
噴火するマウナ・ロア火山に登頂した時も、ロッキー山脈を踏破した時も、いつだってこの体で戦い続けてきたんだから。
運命はいつも、自分自身の意思の中にあるのよ!!

立ち上がり、そう言い放ったバードは、戸長に部屋で休むことを告げ、縁側を部屋に向かい歩いた。

彼女の頭の中には、これからの旅の計画が渦巻いていたが、体は考える事を許さず、縁側に倒れ込んだ彼女の意識は、闇に落ちて行った。

今回の見どころ

・バードが旅をする理由
体に不調を抱え、心も弱っていたバードを救ったのは、命の危険を孕んだ体験でした。
様々な出会いや出来事、自然の圧倒的な力は、彼女の心に取りついていた闇を吹き飛ばしました。
不安や恐れは、停滞し視野狭窄に陥ってしまった時ほど起こるのかもしれません。

※上記はあくまで私見です。

まとめ

今回はバードが、冒険家になるきっかけとなった、出来事が語られます。
彼女は、持病の背中の病を抱え、痛みに苦しんでいました。

しかし、それは身体的な物だけではなく、彼女の心が抱える問題も起因していました。
療養で訪れた先で乗った船が、嵐に遭いそこで起こった出来事が、彼女の心に大きな変化をもたらします。

物語は、背中の持病と、イトの契約という問題を抱えたまま、次巻に続きます。

バードの信念と強さ、そして旅の原動力となっているものが描かれる第5巻でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告

-漫画
-, , ,

関連記事

バン

ブルージャイアントシュプリーム 5

ブルージャイアントシュプリーム 5 ビッグコミックススペシャル 作:石塚真一 出版社:小学館 ジャズプレイヤー、宮本大の軌跡を追った作品です。 ピアニスト、ブルーノが書いた曲に、大は待ったをかけました …

サメ

シネマこんぷれっくす! 3

シネマこんぷれっくす! 3 ドラゴンコミックスエイジ 作:ビリー 出版社:富士見書房 店員がインド人かと思ったら、ネパール人だったカレーショップで出会った女性、風花咲欣乃(ふうかさく よしの)。 彼女 …

流れ星

KILLING ME KILLING YOU 1

KILLNG ME KILLING YOU 1 ドラゴンコミックスエイジ 作:成田芋虫 出版社:KADOKAWA/富士見書房 成田さんの作品「IT’S MY LIFE」にもチラッと登場した …

オムライス

タイムスリップオタガール 2

タイムスリップオタガール 2 ポラリスCOMICS 作:佐々木陽子 出版社:フレックスコミックス 中学生の頃の自分に戻ってしまった城之内はとこ(30)は漫画の為の軍資金を得る為、30才までに身に着けた …

お茶と団子

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 2

こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ 2 ビッグコミックス 作:昌原光一 出版社:小学館/ビッグコミック 貧乏御家人鳴滝家。 その当主彦衛門の妻千草の出産も無事に終わりました。 無事に生まれた …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。