漫画

宝石商のメイド 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

投稿日:2021年12月26日 更新日:

宝石
宝石商のメイド 1 MFC

作:やませちか
出版社:KADOKAWA/MFC

メイドが宝石を売る店「ローシュタイン」
大通りから外れた新参のその店に自分にふさわしい宝石との出会いを求め、客達は訪れる。

広告

登場人物

エリヤ
宝石店ローシュタインで接客を行うメイド
ブルネットショートの少女。
店主は宝石の取引で世界中を飛び回っている為、宝石商の資格を持つエリヤが普段は店を切り盛りしている。

口髭の紳士
メイドが宝石を売っているという宝石店「ローシュタイン」の噂を聞き店を訪れる。

ラヴェンデル・リヒト・エルフェンバイン
大貴族エルフェンバイン家の四女
結婚にあたりティアラの制作をローシュタインに依頼する。

美術大学に通う学生
黒髪眼鏡の青年。
生活費に困窮し父のコレクションを売りにローシュタインを訪れた。

サラ・アリア
劇場の女帝と呼ばれる大女優
女優として成功したが、その為に捨てたモノを思い後悔と寂しさを抱えている。

眉毛と髯の老紳士
妻に送る為のルビーを求め、ローシュタインを訪れる。

アルフレッド・ローシュタイン
宝石店「ローシュタイン」店主
世界中を飛び回り宝石の仕入れを行っている。
店は彼の方針でアクセサリーに仕立てられたモノではなく、裸石(ルース)を多く扱っている。

眼鏡の老婦人
エリヤが初めて担当した客
一生懸命なエリヤの姿に宝石の購入を決めた。

あらすじ

メイドが接客を務める店、ローシュタイン。
その店には宝石と宝石商のメイド、エリヤとの会話を求め様々な客が訪れる。

ある時は噂を聞きつけた紳士が。
またある時は結婚を控えた大貴族の令嬢が。
生活費に困った貧乏学生が宝石を売りに来たり、大成功を収めた舞台女優が訪れる事もあった。

エリヤはそんな客達の話を聞き、彼らに一番必要な宝石を選び、その宝石にまつわる話を語っていく。

広告

感想

店を訪れる客達は冒頭の紳士の様に興味本位でやってきた者もいますが、他の客は何かしら悩みを抱えていたりします。
その悩みをメイドで宝石商なエリヤが、提案した宝石と石にまつわる様々な話によって切り替えさせていく。

作品はそんな物語が美しく繊細なタッチで描き出されています。

今回は老紳士からお礼として差し出された紅茶を見て、目を丸くしていたエリヤがなんだか可愛かったです。

まとめ

時代としては恐らく19世紀でしょうか。
エマやシャーリー等の英国メイドのお話が好きだったので、こちらの作品も同様に楽しく読む事が出来ました。

次巻も色々ある様で読むのが楽しみです。

こちらの作品はコミックウォーカーでも一部無料で閲覧頂けます。
作者のやませちかさんのTwitterはこちら

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのColiN00Bによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

蔓・枝

亜童 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

亜童 1 ヤンマガKCスペシャル 著:天野雀 出版社:講談社 移民を受け入れ日本に様々な人種が溢れた時代。 正直さが原因で仕事の続かない19才のフリーター、冴木リコはトラックに轢かれそうになっていた少 …

レモネード

メイドさんは食べるだけ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

メイドさんは食べるだけ 2 イブニングKC 著:前屋進 出版社:講談社 イギリスから日本にやってきたメイドの橘スズメ(たちばな すずめ)。 彼女は美味しい物に溢れる日本で、街の人々と接しながらのんびり …

鳥かご

アルテ 第十巻 あらすじ・感想

アルテ 10 ゼノンコミックス 著:大久保圭 出版社:徳間書店 貴族の娘アルテが画家であるレオの弟子として画家を目指す物語。 フィレンツェをジュリオ・デ・メディチの代理として統治しているシルヴィオ・パ …

文鳥

スーパーベイビー 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

スーパーベイビー 1 芳文社コミックス 作:丸顔めめ 出版社:芳文社 熊本の荒尾市から上京したヤマンバギャルの朝光玉緒(ともみつ たまお)は、四年後の現在、東京は町田で黒ギャルとして暮らしていた。 渋 …

アロマオイル

ケンシロウによろしく 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

ケンシロウによろしく 4 ヤンマガKC 著:ジャスミン・ギュ 出版社:講談社 自分の下を去った母親は沼倉を捨てた訳では無く、木村の暴力が息子の沼倉に向くのを止める為、そして息子と離れる原因となった木村 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。