漫画完結作品

黒博物館 ゴーストアンドレディ下 あらすじ・感想

投稿日:2019年2月18日 更新日:

ランプ
黒博物館 ゴーストアンドレディ下 モーニングKC

作:藤田和日郎
出版社:講談社

※こちらは多分に上巻のネタバレを含みます。ご注意ください。

ドルーリー・レーン王立劇場で〈灰色の服の男〉グレイと出会ったフロー(フロレンス)は、彼女が絶望した時、その命を奪うというグレイを連れて、両親と対決する。

両親の生霊に魂を傷つけられながら、二人の理解を得ようとフローは言葉を紡ぐ。
しかし彼らはフローの話を一蹴し、自らの価値観をフローに押し付ける。
道が閉ざされ絶望しそうになるフローだったが、絶望しどうせ命を奪われるならと、両親に自分の気持ちをぶつけ、道を突き進むことを宣言する。

彼女がこれから人生と言う名の舞台を、どう演じていくのか観たくなったグレイの助けもあり、フローは両親の軛から解放された。

その後、フローは経営困難に陥った病院の経営を立て直す。
看護婦たちの労働環境を改善、不衛生なベッドや椅子、カーテンを清潔な物に交換し、ずさんな経理を一新した。
患者が看護婦を呼ぶための、呼び鈴を使い看護婦の負担を軽減し、合理性を追求した。

スラム街のコレラ流行では、ミドルセックス病院で患者を看護し、その後、フローはクリミア戦争で、負傷兵が運ばれるスクタリ陸軍野戦病院に、友人の戦時大臣がフローに依頼する三日前に看護婦を連れて出発していた。

しかし、野戦病院を取り仕切る軍医務局は、フローたちを認めず満足な看護が出来ない日々が続いた。
しかし、病院の容量を遥かに超えた傷病兵が送られてきた事と、軍の上級外科医マクリガーの存在が、フローたちに傷病兵を看護するきっかけを与える。

グレイの助けもあり、ようやく患者を診ることが出来るようになったフローたち。
さらに物資不足も、フローがコンスタンチノープルで買い込んだ資材で賄われた。
彼女は国と有志からの、多額の資金の運用を任されていたのだ。

フローの献身と努力は傷病兵のみならず、医務局で働く者たちの心も掴んでいった。
しかしそれを良しとしない者もいる。
軍医長官ホールは、フローを亡き者とするため、グレイと同じく幽霊の決闘士デオンにフローの暗殺を依頼した。

デオンから間一髪でフローを守ったグレイだったが、デオンの剣は霊体であるグレイに深い傷を負わせた。
デオンはグレイを殺した者だった。
デオンはその偶然を面白がり、場を仕切りなおすため二人をのこし去って行った。

傷ついたグレイは、思い出した生い立ちをフローに語る。
彼は母に捨てられ、親友と思っていた者にも裏切られ、愛した女性にも去られ、失意のなかデオンと戦い、孤りぼっちで命を落としたのだった。

広告

第14話 孤りでは死なせないとレディは言った

あらすじ
デオンに殺されたグレイは、気が付くとドルーリー・レーン劇場の客席に座っていた。
愛した女、女優シャーロットが舞台を去った後も、グレイは芝居を見続けた。
いつかシャーロットが再び舞台に上がることを夢見て……。

それを聞いたフローは涙を流す。
グレイはデオンとの因縁を話しただけで、同情が欲しかった訳じゃないと怒りを見せる。
フローは自分が泣いた理由をグレイに説明しようとするが、心配したボブ(患者だった少年兵)が駆け付けた事によりうやむやになる。

毎日送りこまれる患者の看護、食材、資材の管理の他、患者の受け入れにもフローは立ち会った。
彼女はなぜか重症の患者の到着に気付くことが出来た。

そして夜、今まさに息を引き取らんとしている患者の手を握り、フローは優しく彼に語り掛けていた。
フローは死に際にいる患者の傍を離れなかった、彼の苦痛が死によって解き放たれるまで。

グレイは、ソイツらはもう何も聞こえないし、放っておいていいのではないかとフローに聞いた。
そうかもしれませんとフローは答え続けて言う。
これはグレイの話を聞いて泣いたことが、起因していた。
同情ではなく、グレイの事を聞いて心に誓ったのだ。

「私は、目にとまった病人は誰であろうと、絶対に孤りでは死なせません。」

その言葉を聞いてグレイの心にも一つの決心が湧く。
それが二人の関係を変えていく「兆し」となった。

感想

ランプの淑女と呼ばれた、フロレンス・ナイチンゲールの物語、その下巻です。
フローは本国イギリスに、野戦病院の状況を訴え続け、それは英国の衛生委員会を動かすことになります。

衛生委員会は、病院の床下が汚物で溢れている事や、トイレや給水設備の欠陥を改善します。
それにより、患者の死亡率は50%を超えていたものが、10%近くまで低下したのでした。

フローはその後、ホールと。
そしてグレイはデオンとそれぞれ対決します。

始まりから終わりまで、スピード感のある展開で一気に読み終えてしまいました。
エンディングはまるで舞台の幕が下りるような、素晴らしい読了感でした。

広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

ホワイトハウス

キャンディ&シガレッツ 第十一巻 あらすじ・感想

キャンディ&シガレッツ 11 ヤンマガKC 著:井上智徳 出版社:講談社 通貨発行権、その権利を最大限利用する為、アメリカ最大手の投資銀行アダムスのスキャンダルによる倒産回避と引き換えに統一通貨の創設 …

ライブ

トクサツガガガ 第十五巻 第百四十二話 あらすじ・感想

トクサツガガガ15 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 母に怒りに任せ絶縁状を叩きつけてしまった叶。 以前の様な関係に戻りたい訳ではないが、このままというの …

ザリガニ

魔々ならぬ 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

魔々ならぬ 2 電撃コミックスNEXT作:ゆーき出版社:KADOKAWA 持ち込みは続けているものの、編集からは色よい返事は貰えない漫画家志望の青年、宮永左岸(みやなが さがん)。彼は偶然知り合った異 …

植物園

庭先案内 第三巻 登場人物・各話あらすじ・感想

庭先案内 3 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。この巻では新しいレギュラーキャラ、不幸な浪人生、植物妖 …

ロボットと女性

エデン コミカライズ版 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

エデン 2 ヤングキングコミックス 原作:NETFLIX 原案:Justin Leach 漫画:磯本つよし 出版社:少年画報社 Netflixで全世界独占配信されたオリジナルアニメーションシリーズ「エ …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。