漫画完結作品

時給三〇〇円の死神 コミカライズ版 3

投稿日:

月と海
時給三〇〇円の死神 コミカライズ版 3 アクションコミックス

原作:藤まる
作画:桐原いづみ
出版社:双葉社

この世に未練を残して死んだ人々。
生きていた頃と変わらぬ暮らしを続ける、その死者の未練を晴らしあの世へ送る死神。

その死神のバイトをしている高校二年生の佐倉真司(さくら しんじ)は死者である雨野(あまの)からクラスメイトで同じく死神のバイトである花森雪希(はなもり ゆき)が死者である事を告げられ……。

広告

登場人物

朝月静香(あさつき しずか)の母
静香が死者だった事に気付かず彼女が消えた後、静香が生きているかのように訪ねて来た真司に激高した。
暫く間を置き真司が朝月家を訪ねた際は、落ち着きを取り戻し優しく対応してくれた。

花森雪希(はなもり ゆき)の母
幼い雪希を女手一つで育てる事に疲れ、ハイキングで出掛け川に落ちた(雪希の記憶では)雪希を溺死させた。

サッカーボールを抱えた少年
道路際の壁の前でサッカーボールを抱えたまま佇む死者の少年。
雪希は彼の幸せを願っていた。

あらすじ

雨野が告げた言葉、花森雪希は死者。
雨野は花森が事前に虐待されていた死者、夕(ゆう)と出会い自分が死者である事を言わない様、口止めしていたという。

その雨野の言葉に真司は説得力を感じていた。
真司自身が感じていた違和感、花森はいつも自分より先に死者と会っていた。
さらに二人目の死者である黒崎(くろさき)の別れの言葉。

“あんたも大変なのに世話になったな”

雇用期間は自分と同じく半年なのに知識量に差があり過ぎる事。

嘘だよな? そう問いかけた真司に花森は返事をしなかった。
そんな二人の様子を見て、雨野は、我が身の不幸を呪い、こんな世界、どいつもこいつも不幸になればいいと声を上げて笑った。

最後に夕からの『あなたたちに最大の不幸が訪れますように』という伝言を伝え雨野は二人の前から去って行った。

雨野が去った後、花森はいつか話した死者の持つ力、時間を止める能力は自分の物だと告白して笑みを浮かべ、ごめんなさいと言葉を残し真司の前から姿を消した。

感想

最終巻であるこの巻では死者、花森雪希を真司が送る為、二人の幸せな日々が描かれる事になりました。

二人の一緒に遊ぶ姿は正に恋人同士としか呼べない物でしたが、先にあるのは別れであり、更に雪希が消えたあと、真司が死神の任期を終えれば雪希との記憶は歴史の修正に従い消えてしまいます。

真司の元カノ、朝月静香のエピソードを読んだ時にも感じましたが、絶対に取り戻せない人とのロスタイムは切なく、でも暖かくてそれだけに哀しいなぁと読んでいて思いました。

まとめ

読み終えての作品としての印象はオカルトというよりは、死者が生きている世界線、ifの世界を描いたSFの様に感じました。
消えてしまったけれど消えない記憶。花森の消失によって空に溶けたマフラーの様に淡く優しい物語でした。

この作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。
原作者の藤まるさんのTwitterはこちら
作画担当の桐原いづみさんのTwitterはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのAlexZelによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , , , ,

関連記事

根っこ

WaqWaq ワークワーク 2

WaqWaq ワークワーク 2 ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 片頭痛に悩まされている防人レオは、頭痛を治すという自身の願いの為、神としてこの世界(時代)呼ばれた女子高生(本名松田)を …

湖水地方

ノケモノたちの夜 5

ノケモノたちの夜 5 少年サンデーコミックス 著:星野真 出版社:小学館 ダイアナ達と共に湖水地方へ辿り着いたウィステリアとマルバス。 その穏やかで美しい景色と雰囲気にダイアナとウィステリアは、はしゃ …

ピザ

ロスト・ラッド・ロンドン 2

ロスト・ラッド・ロンドン 2 ビームコミックス著:シマ・シンヤ出版社:KADOKAWA ロンドン市長殺害事件。刑事のエリスは殺害現場の地下鉄で市長のそばにおり、更に殺害の凶器らしいナイフを所持していた …

桜

着たい服がある 5

着たい服がある 5 モーニングKC 作:常喜寝太郎 出版社:講談社 KERAの近藤経由で依頼された中国ブランドのモデル。 その事はロリータ服を着たいと思った事、そして小澤と出会い勇気を貰い、実際に着て …

ヘリコプター

シネマこんぷれっくす! 5

シネマこんぷれっくす! 5 ドラゴンコミックスエイジ 作:ビリー 出版社:富士見書房 文化祭も終わり徐々に祝先輩の卒業式も近づいてきました。 今回は部員たちの恋模様(なんだろうか?)も描かれました。 …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。