漫画完結作品

ヨシノズイカラ 2

投稿日:2019年11月16日 更新日:

さつま芋ヨシノズイカラ 2 ガンガンコミックス
著:ヨシノサツキ
出版社:スクエアエニックス

離島で暮らす売れない漫画家、遠野成彦32歳。
彼は今まで描いていたファンタジーではなく、離島を舞台にした日常系漫画のネームを描き上げます。
連載の決まったその漫画「わっかもん」は中々好評なようで、ファンも徐々に増えてきました。

広告

あらすじ

ひー兄ちゃん。
成彦の漫画「わっかもん」に登場するキャラクターの一人。

彼は優しく面倒見のいい、何をさせても完璧にこなす、主人公の四人にとっては頼りになる兄貴的な存在だ。

そんなひー兄ちゃんの存在が、現在成彦を悩ませていた。
Hの女と名乗る女性から毎週届く手紙には、ひー兄ちゃんへの想いと共に彼を作品の主役にするよう、成彦への要望が綴られていたのだ。

手紙は郵便局を介さず、直接投函されているようだ。
差し出し人は島民らしいが、その熱量に成彦は少し怖くなる。
とし坊はそんな成彦の様子を見て、少し調べてみると口にした。

数日後、とし坊の掛け声と奇声が表から聞こえた。
成彦が出てみると、そこには投網に絡めとられた小学生の女の子がいた。

彼女は成彦の同級生、笹山の子供一人ひいろだった。
Hの女の正体は、この子だったようだ。

成彦はとし坊にファンの扱いはもっと丁重にと、注意を口にするが、当の本人、ひいろにお前のファンじゃないと全力で否定される。

彼女は成彦の作品のファンでは無く、ひー兄ちゃん個人のファンだった。
成彦への手紙も、彼の過去作へのディスりも含めつつ、ひー兄ちゃんを主役にする事に言及していた。

その事で心に傷を負いながら、成彦は彼女の話を聞いてみると、ひいろはひー兄ちゃんに恋をしているようだった。

成彦ととし坊にそれを指摘され、ひいろの顔は真っ赤にそまる。
投網を跳ね除け、帰ろうとするひいろに成彦は「もういいの?」と声を掛けた。
ひいろはその言葉で振り返ると、顔を染め小刻みに震えながら「サインならもらっといてやる」と上から目線で答えた。

そんな彼女を揶揄いつつも、成彦は彼女のリクエスト(当然ひー兄ちゃん。彼以外は描くな!)でひー兄ちゃんを色紙に描き上げる。
下書きとペン入れ、それを嬉しそうに見ながら、ひいろの脳内はひー兄ちゃんとのロマンスの妄想に心躍らせていた。

吹き出しを書き入れ、ひいろちゃんへとサインペンで書き込む。
正に恋する乙女といった感じで頬をそめるひいろ。

その様子を見た成彦は、自分もそうだったなと微笑む。
彼も過去(現在もだが)には好きな漫画のキャラをひいろの様に好きになったものだ。

成彦は出来上がった色紙に、最後の仕上げと自身のサインを書きこんだ。
それを手渡されたひいろの表情が曇る。

「オメェ…ゴミみてぇなもん書いてんじゃねぇよ」

その後、少し不満を残しつつも、ホクホク顔でひいろは帰った。

小学生、怖いと口にし、とし坊にサインについてゴミかなと成彦は尋ねる。
とし坊はニッコリと微笑みながら、ゴミというか、ゴミみたいですねと返した。

感想

今回は、H(ひー兄ちゃん)の女、ひいろのお話から、東京でのサイン会へと物語は展開していきます。

成彦は十年間、漫画家をして来ましたがサイン会は初めてで、嬉しい反面、どうファンと接していいか、ひいろにゴミと言われたサインをどうするのか、行った事の無い東京への恐れ、電話やメールでしか接した事の無い担当さんの事など、ワタワタと慌てます。

昔は原稿は紙であった為、東京に住む漫画家さんが多かったイメージですが、最近はデジタル化が進み、ネットで大きなファイルも送れる様になったので、地方在住の方も増えた様に感じます。

作業環境も全てデジタルで完結する作家さんも、多いのでは無いでしょうか。

唯、やはり直接ファンと出会い、感想を貰えるというのは作家にとってはとても嬉しい様でした。
紙面の向こうにいる、読んでくれている誰かの存在を直に感じるという事は、不安を払拭してくれるとても大きな力なのでしょう。

今回登場したひいろですが、感じとしては、ばらかもんに登場した子供達を混ぜた様な感じのキャラクターです。

彼女はあくまでひー兄ちゃんのファンであって、成彦のファンでは無いのですが、ひー兄ちゃんを生み出した成彦にも少しずつですが、馴染んできているようです。

まとめ

東京でのサイン会は成彦に一人じゃないという事を、改めて実感させた様でした。
次のお話がどうなるのか、読むのが楽しみです。

ちなみに二巻のカバーイラストはひー兄ちゃんでは無く、とし坊です。

この作品はガンガンONLINEで一部無料で読む事が可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのauntmasakoによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, ,

関連記事

トマト

えびがわ町の妖怪カフェ 2

えびがわ町の妖怪カフェ 2 ヤングアニマルコミックス 著:上田信舟 出版社:白泉社 一緒に暮らし始めたまなと佐吉。 まなの力がそうさせるのか、彼女は次々と妖怪と縁を結びます。 不思議な者達と触れ合いな …

卓球 ラケット

りこさんブッチギリです! 1

りこさんブッチギリです! 1 ヤンマガKC 著:大田均 出版社:講談社 超進学校である山口県の私立白鳥高校。 通称“スワコー” スワコーはスポーツにも力を入れており、卓球部は全国大会でも常連となってい …

夕暮れ

トクサツガガガ12

トクサツガガガ12 作:丹波庭 出版社:小学館/ビッグコミック 中村叶、27歳、OL、特撮オタク。 兄嫁のタカさんの発言により、彼らが叶の家に行ったことがあることを知った母。 それにより、母を家に上げ …

軍艦島

しょうあんと日々。 2

しょうあんと日々。 2 MFコミックス キューンシリーズ著:桑佳あさ出版社:KADOKAWA 廃墟の島、軍艦島で暮らす硝安ダイナマイトのしょうあん。かつて沢山の人が暮らした炭鉱の島で生きる、人に憧れる …

静岡

ぽんこつポン子 1

ぽんこつポン子 1 ビッグコミックス 作:矢島圭太 出版社:小学館 今より少し先の未来。 寂れた海辺の町日坂町で暮らす老人、吉岡ゲンジ。 ある日、彼の家にメイド姿の少女が訪ねて来ます。 彼女は家政婦ロ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。