漫画

ブルージャイアントエクスプローラー 4

投稿日:

ロスアンゼルス
ブルージャイアントエクスプローラー 4 ビッグコミックススペシャル

作:石塚真一
出版社:小学館

後に世界的なサックスプレイヤーとして名を馳せる、宮本大の軌跡を描いた作品。
そのアメリカ編。

スケーターのジェイソンをエージェントに加え、西海岸の大都市サンフランシスコを出た大は更に南下、ジェイソンの知り合いのいるシリコンバレーを経由し、アメリカで二番目に大きな都市ロスアンゼルスに向かいます。

広告

登場人物

ゲーリット・ロング
ジェイソンの友人
金髪短髪の白人。
自由奔放なジェイソンと正反対に、エンジニアとして堅実な努力を積み重ねている。
正反対な二人だが、彼とジェイソンはお互いを認め合う親友のようだ。

カルロス・エスカンドン
コロンビア人のダンサー
黒髪短髪で浅黒い肌の青年。
ダンサーとして成功する夢を叶える為、コロンビアからロスへとやって来た。
全ての力を使い切る様な大の演奏を聞いて彼のファンになる。

アントニオ・ソト
メキシコ人のピアニスト
黒髪の青年。
オランダでの大とサム・ジョーダンのセッションをシリアス過ぎると酷評する。
彼のプレイはとにかく明るく軽快。

あらすじ

大都会ロスアンゼルス。
大がこの街のジャズバーを巡り感じたのは、この街の住人達がジャズに求めているのは強い音の無い、耳に障らない物だという事だった。
店側もそんな客のニーズを分かっており、大の音はどの店にも受け入れられなかった。

この街をスルーしよう。そう言ったジャクソンに大は首を振る。
この街を知りたい。まだ逃げるには早い。

大は挑戦を続ける事を宣言し、声を掛ける店をジャズバーからライブハウスへと変えた。
店主はうちはロックの店だと断りを入れるが、その店の壁にはシアトルで知り合ったメジャーバンド「グランナイツ」のマーティンが貼られていた。

大はダメ元でマーティンに連絡を取り、彼の口添えで出演の約束を取り付けるのだった。

感想

今回はシリコンバレーから始まり、ロスアンゼルス、サンディエゴ、国境を超えメキシコ、ティファナでの新たな出会い等が描かれました。

その中でも今回は昔、アルトサックスをやっていたという老人の話が印象に残りました。
ライブが終わり数人しか立ち上がり拍手をしなかったのに、大は満足気に満面に笑みで笑いました。

老人は言います。自分にはそう思えなかった。

「きっと本人が負けたと思わなかったら勝つんだね。
「オレなんて」、そう思った瞬間に終わるんだ」

続けていく事、信じる事、そんな愚直な思いが道を切り開く。
エピソードを読んでいてそんな事を思いました。

まとめ

この巻の最終話、エージェントのジェンソンはサンディエゴで大と別れる事を告げます。
街ごとにライブは続けていても、アメリカで無名の大は殆どギャラは得られていません。
その事が原因で、ジェイソンへのエージェント料も余り払えず、彼の資金が尽きた事がその最たる理由でした。
次巻ではそんなジェイソンが声を掛けたピアニスト、アントニオとの旅が始まる様です。

大のシリアスなサックスと、アントニオの明るいピアノ。
二人のセッションがどうなるのか、読むのが楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのDavid Markによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

稲刈り

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 2

漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件 2 イブニングKC 原作:クマガエ 漫画:宮澤ひしを 出版社:講談社 漫画編集としての情熱を担当していた漫画雑誌の休刊で失い、会社を辞めて米作 …

斧

天国大魔境 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

天国大魔境 7 アフタヌーンKC 作:石黒正数 出版社:講談社 何者かからの襲撃を受けた高原学園。 その襲撃で崩れた瓦礫で怪我を負った学長は、延命の為の脳移植の候補であるトキオの赤ん坊を彼女に要求する …

浮き輪

僕の妻は感情がない 2

僕の妻は感情がない 2 MFコミックス フラッパーシリーズ著:杉浦次郎出版社:KADOKAWA 家電ロボットミーナと彼女にプロポーズしたサラリーマン、タクマの日々を描いた作品、その第二巻。 登場人物紹 …

焚火とフライパン

ふたりソロキャンプ 第六巻 あらすじ・感想

ふたりソロキャンプ 6 イブニングKC 著:出端祐大 出版社:講談社 長野での連泊から帰った厳は雫に触発され、料理用に鉄のフライパンを手に入れました。 彼は丁寧にシーズニング(錆止めを落としフライパン …

りんご

へんなものみっけ! 5

へんなものみっけ! 5 ビッグコミックス著:早良朋出版社:小学館 今回は博物館ではDNA分析を担当している堀内(ほりうち)と事務局長の財前にスポットが当てられた他、別の博物館との繋がり、二ホンオオカミ …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。