漫画

人間のいない国 3

投稿日:2021年9月17日 更新日:

温室
人間のいない国 3 アクションコミックス

著:岩飛猫
出版社:双葉社

三角頭のゴーレムと戦い傷付いたバブル達を直す為、シイは修理屋がいるという下層を目指す。
そこでシイ達は修理屋のゴーレム、ムーディと子育てロボット、アリアドネと出会う。

その後、違法改造ゴーレムとして三角頭に襲われたムーディを庇い、アリアドネは損傷、彼女はシイに「私から優しさを感じたなら、それは人間があなたに優しくしたいと願ったからよ」と伝え眠らせて欲しいと願った。

広告

登場人物

スフィ
遺伝子技術研究所に住むシイの母親を名乗る女性
テンションが高く、感情表現が豊か。
シイを安全な場所に届けるという任務を終え、彼女を置いて去ったバブル達を追おうとしたシイを研究所に閉じ込めようとした。

ビッグバシルタ
王宮ゴーレム「バシルタ(三角頭)」の統括役
白いボディの三角頭。
かなり気さくな性格。

あらすじ

機能を停止したアリアドネの後始末はムーディが引き受けた。
シイは二人の関係を友達かと尋ねた。
それを否定したムーディに、では恋人かと尋ねる。
ムーディはディスプレイから湯気を出しながらそれも否定した。
シイは二人の関係を考え、最終的に大親友だねと結論付けた。

大親友、そう言ったシイをムーディは抱き上げ、魂が無いゴーレムでも大親友と呼べるのかと問う。

「うん」

しっかりと頷いたシイをムーディは「有難キ」言ってスクラップの山の上へ放り投げた。
即座に駆け出したバブルがシイを受け止め、何とか事なきを得る。

かなり乱暴であったが、ムーディは一人でアリアドネを送りたいようだ。
シイ達は彼に後の事は任せ、その場を後にした。

シイ達を見送ったムーディは彼女を抱き上げ溶鉱炉へと向かった。
アリアドネは自分の体が再利用される事を望まず、機能停止後は溶鉱炉に入れて欲しいとムーディに頼んでいたのだ。

ムーディは彼女との約束を守り、アリアドネを静かに溶鉱炉へと沈めた。

ムーディはその時、寂しさを感じていた。
ムーディはその時、大親友と呼べる存在を永遠に失ったのだ

感想

今回はムーディとアリアドネの別れから始まり、シイが目覚めた場所へ、牛羊(ぎゅうよう:牛と羊の異種交配種)とシイ、母を名乗る女性と遺伝子技術研究所、いなくなったバブル達、ティーファー共に王宮へ等が収録されました。

今回は、シイの母を名乗った女性スフィによって、シイの出生の秘密が語られました。

今回のエピソードを読んでいて思った事は人間の身勝手さ、そんな身勝手な人間に尽くすゴーレムたちの健気さでした。
彼らの姿を見ていると、なんというか虚しさや物悲しさを感じます。

まとめ

少しずつ謎が紐解かれる中、ゴーレムとの共存を望むシイはどんな選択をするのか。
ラストに登場したシイと同じく人間である少年の望みは?

次巻も読むのが楽しみです。

この作品はpixivコミックにて一部無料でお読みいただけます。
作者の岩飛猫さんのアカウントはこちら

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのFree-Photosによる画像です。
広告

-漫画
-, ,

関連記事

スケートシューズ

メダリスト 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

メダリスト 4 アフタヌーンKC 作:つるまいかだ 出版社:講談社 オリンピック銀メダリスト鴗鳥慎一郎を父に持つ少年、理凰がいのりの所属するルクス東山にやって来る。 理凰はヘッドコーチの高峰に指導を望 …

フラミンゴ

青野くんに触りたいから死にたい 第四巻 あらすじ・感想

青野くんに触りたいから死にたい 4 アフタヌーンKC 著:椎名うみ 出版社:講談社 美桜に紹介され、彼女の従兄、春希(はるき)の勤める小学校で夏休み児童の面倒を見る事にした優里。 彼女はそこで幽霊の見 …

錠剤

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 4 ゼノンコミックス 著:荒井ママレ 医療原案:富野浩充 出版社:コアコミックス 今回のテーマは月経痛と薬、パニック障害、そして在宅・終末医療における薬剤師 …

ピジョンフリーゼ

DOG SIGNAL ドッグシグナル 第五巻 登場人物・あらすじ・感想

DOG SIGNAL ドッグシグナル 5 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 以前、問題行動を起こしていた犬レオ、そのレオの飼い主、江口が新しく一人の女性を連れて教室を訪れ …

狂斎 1

狂斎 1 トクマコミックス echoes著:ちさかあや出版社:徳間書店 幕末から明治にかけて活躍した天才絵師、河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)の若き日々を描いた作品です。主人公甲斐洞郁(かい とういく …

広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。