漫画完結作品

GIGANT ギガント 第九巻 あらすじ・感想

投稿日:2021年9月2日 更新日:

UFO
GIGANT ギガント 9 ビッグコミックススペシャル

著:奥浩哉
出版社:小学館

サタンを追い詰めたちほと桃乃木達。
後はとどめをさすだけの状況の中、上空に異形の巨人が四体現れる。
もう終わりだ。そんな言葉が飛び交うなか、ちほと桃乃木達は懸命に戦い、四体の巨人を倒す事に成功する。

しかし、その戦いの間にサタンは肉体を修復していた。

広告

あらすじ

復活したサタンに桃乃木達は光線で集中攻撃を浴びせようと、攻撃体勢を取る。
ちほも彼らに倣い両手の人差し指をコメカミに向けた。

そんな彼女の視界の端、川の側で自分を見上げる零の姿をちほは見つけてしまう。
思わず零に駆け寄ったちほにサタンは指先から光線を放った。

光線は川の水を爆発させながらちほに迫る。
その光線の前に桃乃木の部下塩沢が飛び出した。
彼は左腕を光線によって失いながらもサタンに組み付いた。

「パピコさんは、もう帰って!!」

未来の軍人たちは塩沢の声に続き、ちほに離脱を促した。

「お腹に!! お腹に子供もいるんだろ!!」

その塩沢の言葉で、ちほは零を抱え涙を浮かべながら戦場を離脱した。

感想

今回はサタンとの戦い、そして宇宙に浮かぶ超巨大実験施設を用い、地球上に異常な状態を引き起こしているAI達との接触が描かれました。

今回、印象に残ったのはAIのプラトンとソクラテスについてでした。
彼らはネットから情報を得て、人間を理解しようとしていました。
その為か、とても偏った人格に感じました。

ネットで見られる攻撃的で利己的な人々、それを凝縮したような感じといえば分かるでしょうか。
面白ければ何でもいい、他者を傷付けても茶化して謝る事も反省もしない。
AI達の会話を読んでいると多分にそんな物を感じました。

彼らがそんな風になってしまったのは、実際にそんな言葉がネットに溢れているからかなぁ。
今回読んでいてそんな事を思いました。

広告

まとめ

この作品も次巻で完結。
ちほや桃乃木達はどうなるのか。
零とちほの約束「帰って来る」は守られるのか。
あと、タイムスリップしたもち(ちほの愛犬)はいつ現れるのか。

次巻も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

作者の奥浩哉さんのTwitterはこちら。
この作品は現在第一巻が小学館公式サイトにて無料でお読みいただけます。(2020年12月現在)

※イメージはPixabayのParallelVisionによる画像です。
広告

-漫画完結作品
-, , ,

関連記事

遠吠え

オオカミライズ 第五巻 あらすじ・感想

オオカミライズ 5 ヤングジャンプコミックス 著:伊藤悠 出版社:集英社 アキラの想い人、蛍(ほたる)の墓の事での誤解が解けないまま、彼は親友であり倭狼(ウォーラン)となったケンとぶつかる。 中国側の …

ペンと紙

カイニスの金の鳥 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

カイニスの金の鳥 2 著:秦和生 出版社:イーストプレス ロンドンに出て小説家マイルズの隣の部屋で暮らし始めたリア(アラン)は人気作家カール・ダンヒルに会う為出掛けたスラムからの帰り、雨に降られ風邪を …

サボテン

PSYCHO+ サイコプラス DRIVE A あらすじ・感想

PSYCHO+ サイコプラス DRIVE A ジャンプコミックス 著:藤崎竜 出版社:集英社 藤崎竜さんの初の連載作品。 超能力を扱えるゲーム「PSYCHO+」それを手に入れた緑の髪と瞳を持つミュータ …

モスクワ

アルマ 第二巻 設定・登場人物・あらすじ・感想

アルマ 2 ヤングジャンプコミックス 著:三都慎司 出版社:集英社 レイが辿りついた街ブカレスト。 街は生活を維持する為、多くのパンドラフレーム(ギジンの中にある自我を縛る為のプログラム)と呼ばれる制 …

鳥

トライガン・マキシマム 第八巻 あらすじ・見どころ・感想

トライガン・マキシマム 8 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクション。 今回は捕らえたヴァッシュを乗せて、方舟が飛び立つシーンから始まります。 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。