漫画

ヴィンランド・サガ8

投稿日:2019年2月3日 更新日:

灰ヴィンランド・サガ8 アフタヌーンKC
作:幸村誠
出版社:講談社

11世紀のヴァイキングをモチーフに描かれる物語。

イングランドでデンマーク軍支配下の街、ヨークに辿りついたクヌート達、アシェラッドは影武者を使い、クヌート暗殺を自作自演し、街に噂を流しました。

子殺しの汚名を回避するため、スヴェン王はクヌートが不利になる命令は下せない筈と読んだからです。

広告

冒頭部分 あらすじ

アシェラッドの策は功を奏し、族長たちが集まる王の家で、クヌートは戦功を称えられ、マーシアの統治を任される。

アシェラッドは、自身の策が成ったと笑みを浮かべるが、王はウェールズの討伐を口にする。
母の故郷を守るため、アシェラッドは王に進言し、ウェールズ討伐の益の無さを訴える。

しかし、王の狙いはウェールズ討伐ではなく、クヌートの排除だった。
王はアシェラッドに、ウェールズかクヌート、どちらかを選べと彼に迫る。

王がウェールズの産物など、奴隷ぐらいなものだと耳打ちしたことがアシェラッドの覚悟を決めさせた。
彼は族長たちの前で王を罵倒し、その首を落とす。

自身が王殺しの逆賊になることで、それを打ち倒したクヌートが、イングランド侵攻の総大将として認められるよう図ったのだ。

トルフィンは、仇として命を狙ってきたアシェラッドが、目の前で死に、失意の中クヌートに刃を向ける。

クヌートが止めた事でトルフィンは、死を免れた。
復讐に生きた彼の少年時代はここで終わった。

感想

ヴァイキングの傭兵を率い、王を求め続けたアシェラッドは、クヌートを王にするため、自らがブリタニア王を名乗り、果てました。

自分の命を使い切り、クヌートには王の道を、トルフィンにはこだわりを捨て先に進めと、道を示したアシェラッドの去り際は、鮮やかでとても素晴らしいものに感じました。

まとめ

アシェラッドを打ち倒すことが全てだった、トルフィンの少年時代はここで幕を下ろします。
物語は、成長したトルフィンが奴隷として過ごす、デンマークの農場に舞台を移します。

お読みいただき、ありがとうございました。

ヴィンランドサガ・サガ(9)あらすじ・感想

広告

-漫画
-, ,

関連記事

キノコの家

シャンピニオンの魔女 1

シャンピニオンの魔女 1 花とゆめCOMICS 著:樋口橘 出版社:白泉社 黒魔女ルーナ。 彼女の触れた場所には毒キノコが生え、その吐息さえも毒を含む為、ルーナに近づく者はいませんでした。 それでも彼 …

お菓子

ふしぎの国のバード 3

ふしぎの国のバード 3 ビームコミックス 作:佐々大河 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 実在のイギリス人女流旅行家、イザベラ・バードの旅の様子を描いた冒険旅行記、第3弾 第10話 会津道3 …

寺

ゴールデンゴールド 4

ゴールデンゴールド 4 モーニングKC 作:堀尾省太 出版社:講談社 フクノカミの力を削ぐために、黒蓮は琉花に島を離れる事を提案します。 その為には彼女の親の協力が必要と、黒蓮は琉花の母親にフクノカミ …

ブルース・リー

シネマこんぷれっくす! 2

シネマこんぷれっくす! 2 ドラゴンコミックスエイジ 作:ビリー 出版社:富士見書房 フォースの導き(おっぱい)によって映画研究部に入部した熱川鰐人。 映研の濃い人たちにも大分馴染んできました。 登場 …

宝石

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 3

傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン 3 バンチコミックス著:磯見仁月出版社:新潮社 オーストリア、ハプスブルク家の第十一女「マリア・アントニア」後のフランス王妃マリー・アントワネットとして知られる少女。 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。