漫画

ダンジョン飯 第十二巻 あらすじ・感想

投稿日:

ラーメン
ダンジョン飯 12 ハルタコミックス

作:久井諒子
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン

迷宮の主であった狂乱の魔術師シスル。
彼はライオスの奮闘、そして復活した翼獅子により欲望を奪われたことで倒れた。

目的であるファリンの救助まであとわずか。
しかしエルフの迷宮調査隊「カナリア」の訪れにより一行は襲撃を受け、隊長のミスルンに追い詰められたマルシルは翼獅子に願い、迷宮の主となった。

広告

あらすじ

「カナリア」の襲撃というアクシデントで迷宮の主となったマルシル。
彼女の願いは種族間の寿命の格差を消す事。

エルフと人族の混血児、ハーフエルフであるマルシルはエルフよりも長い千年の寿命を持っていた。
彼女は百年後も仲間たちと笑い過ごしていたかった。

しかし、人族であるライオスやファリン、ハーフフットのチルチャック、ドワーフのセンシ、獣人のイツヅミたちは誰もが彼女を置いて先に逝ってしまう。

人族だった父の死により、マルシルの心にはずっと種族間の寿命差へのわだかまりがあったのだ。

一方、マルシルが迷宮の主となったことで混乱する迷宮内。
ライオスたちはマルシルと合流するため、彼女が生み出した見慣れない魔物とカナリアの使い魔たちに対処しつつ、迷宮を進み……。

感想

今回はマルシルが迷宮の主となったことで、変化する迷宮とその事で困惑する冒険者たち、カナリアの使い魔とコアトル、マルシルの願いとライオスたちとの確執、地上を迷宮化するため溢れた魔物、マルシルとの再会などが描かれました。

今回はその中でも翼獅子(悪魔)の設定が興味深かったです。

翼獅子は強力な力を持った魔物ではなく、別次元に存在する力そのもので、彼が求めているのは知的生命体がもつ欲望でした。
欲望は彼にとっては飴玉のようなもので、有り余る力を迷宮の主に与える事でその欲望を叶えさせ、発生した感情を舐めとっているようでした。

ファンタジーやSFで登場する人より高次の存在。
巨大な力と広い認識力を持つ神や悪魔と呼ばれる者。
ただ、翼獅子自身には人間のような目的は無く、人の欲望を味わいたいという本能に従っているだけのようでした。

人語を介し意思の疎通は可能でも、根本的に人とは認識を異にする者。
エピソードを読んでいてそんな異質さを感じました。

広告

まとめ

いずれ訪れる別れの寂しさを思い、種族的な寿命の撤廃を望んだマルシル。
この巻のラストでは翼獅子に思考を誘導されていたマルシルとライオスたちは再会を果たします。

迷宮内であればどんな願いも叶えてくれる(ドッペルゲンガーのような偽物もあり)翼獅子。
ライオスたちがその翼獅子にどう対抗するのか。
次巻も楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのtakedahrsの画像です。
広告

-漫画
-, , , ,

関連記事

ドラゴン

ダンジョン飯 第四巻 あらすじ・感想

ダンジョン飯 4 ハルタコミックス 作:久井諒子 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン ナマリ達に助けられ、苦戦を強いられたウンディーネもシチューにして腹に収めた一行。 カエルスーツにより、テン …

鴨

雨と君と 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

雨と君と 3 KCデラックス 著:二階堂幸 出版社:講談社 のんびりとした犬(たぬ、ゲフンゲフン)とお姉さんの日々を描いた作品、第三巻。 登場人物 ティッシュ配りのお姉さん 最後のポケットティッシュを …

ペガサス

悪役令嬢転生おじさん 第二巻 登場人物・あらすじ・感想

悪役令嬢転生おじさん 2 ヤングキングコミックス 著:上山道郎 出版社:少年画報社 事故によりゲーム「マジカル学園ラブ&ビースト」に登場する公爵令嬢、グレイス・オーヴェルヌに転生してしまった公務員の屯 …

DNA

推しの子 第七巻 登場人物・あらすじ・感想

推しの子 7 ヤングジャンプコミックス 著:赤坂アカ×横槍メンゴ 出版社:集英社 大人気漫画「東京ブレイド」の舞台の初公演の日。 鞘姫役の黒川あかね(くろかわ あかね)は役者を目指す切っ掛けとなった有 …

ベスパ

極東事変 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

極東事変 3 ハルタコミックス 作:大上明久利 出版社:KADOKAWA/エンターブレイン 三浦中将が中心となって起こした奇兵隊(変異体:ヴァリアントで構成された秘密部隊)による新たな2.26事件。 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。