漫画完結作品

トライガン・マキシマム 14

投稿日:2019年3月11日 更新日:

空トライガン・マキシマム 14 YKコミックス
作:内藤泰弘
出版社:少年画報社

血界戦線の内藤泰弘さんの描くSFガンアクションです。
今回はナイブズの腹心レガートとの決着から、物語はスタートします。

広告

#5 未来への切符 あらすじ

レガートとの戦いで彼を制したヴァッシュだったが、リヴィオを人質に取られ、レガートかリヴィオどちらを救うかの判断を迫られる。

ウルフウッドが命がけで守ったもの。
それを失う事に耐えられず、ヴァッシュは引き金を引いた。
そのことは不殺を誓ったヴァッシュの心に深い傷を刻み、彼は意識を失ってしまう。

一方、航宙艦隊はクロニカの敗退を目にし、一斉攻撃を決断する。
地上に降りたパンセは、メリル達と協力し、なんとかナイブズからプラントを切り離そうとするが、航宙艦隊は攻撃を敢行する。

しかしナイブズは発射された攻撃全てを、ゲートを展開し反射。
航宙艦隊に壊滅的な損害を与えた。

意識を失ったヴァッシュは、闇の中で死んだ人々と出会う。

完全な暗闇の中、ヴァッシュは自分の周りに浮かぶ光に気付く。
声が聞こえた。

『ヴァッシュ・ザ・スタンピードの戦いっていうのは
 何一つ終わりにしないって足掻くことだから』

その声がヴァッシュに覚醒を促した。
目の前に羽根が見える。
軋む体を無理やり動かそうとする、ナイブズの雄たけびに反応してヴァッシュの体は、何かをつかむように起き上がっていた。

ナイブズは融合したプラント達の苦痛を感じ取っていた。
しかし、彼は止まる事はしなかった。
彼もまた、自ら決めた道を突き進む以外の道は選べなかった。

直接接続、目覚めたヴァッシュの提案は、融合体の巨大な意識野に直接飛び込むというものだった。
取り込まれ、意識が拡散してしまう可能性も高く、ひどく危険だが、航宙艦隊が倒れた今、他に方法は無いだろう。

ナイブズが残りのプラントを奪うため、攻撃を開始したタイミングでヴァッシュは、プラントに接続されたケーブルを首筋に押し付けた。

凄まじい衝撃が融合体とヴァッシュに走る。
ショックにより、ケーブルを手放したヴァッシュは、再度接続を試みる。
ナイブズもそれに気づき、阻止しようとするがヴァッシュと融合体は接続され、その巨体は分解を始めた。

だがナイブズはそれを許さず、彼も直接、融合体に触れ崩れる巨体を抑え込もうとした。
ナイブズはケーブルを切断し、人間に勝たせまいと足掻く。

融合体から舞い落ちる羽根の中、ヴァッシュは願う。

つながれ…
そして決めてくれ
俺は信じてる
150年歩いたんだ

頼むぜ もう一度 切符を

今回の見どころ

・ヴァッシュを見つけたメリルの独白
最終巻という事で、名シーンの連続ですが、一つあげるなら航宙艦隊が一斉攻撃を決定し、街の人を見捨てる決断をした後、ヴァッシュを見つけたメリルが、心の中でつぶやくシーンが心に残りました。

遥か上では何万人を見捨てる話をしていたのに、ヴァッシュは一人を殺したことで深く傷つき、それでもまだ銃を掲げ戦おうとしている。
メリルは涙を流し、一人で全部背負うことない、私達も一緒に戦っていると、銃を掲げた彼の手を握りしめます。
読むといつも泣いてしまうシーンの一つです。

※上記はあくまで私見です。

感想

降り注ぐ羽根は人々の心を繋げました。
メリルに語るヴァッシュのセリフ。

大事なのは良いとか悪いとかじゃない
伝えること
伝わること

相手が
隣で
息をして存在していると
…知ることだ

どんな命にも歴史があり、思い出や大切にしているものがある筈です。
人は得てして自分の事で手一杯で、そのことを忘れそうになりますが、上記のセリフはそれを思い出させてくれます。

ヴァッシュの旅は終わりましたが、彼は今日もどこかで厄介ごとに首を突っ込み、混乱を拡大させつつも、事態を収束させ、相変わらず騒がしい日々を送っている気がします。

昔、何気なく第一巻を手に取った自分をべた褒めしたい。
この作品を生み出してくれた内藤さんと、関わった全ての人に感謝を。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのEngin_Akyurtによる画像です
広告

-漫画完結作品
-, , , ,

関連記事

羽根

トライガン・マキシマム 5

トライガン・マキシマム 5 YKコミックス 作:内藤泰弘 出版社:少年画報社 血界戦線の内藤泰弘さんの描く、SFガンアクションです。 今回は前巻に続き、ガントレットたちとの戦いから描かれます。 #3  …

水上バス 夜景

バクちゃん 2

バクちゃん 2 ビームコミックス著:増村十七出版社:KADOKAWA 夢の無くなった母星から移民として地球へとやって来た、バクに似た宇宙人の少年の物語。 登場人物あらすじ感想まとめ 登場人物 日遠都市 …

通天閣

庭先案内 6

庭先案内 6 ビームコミックス著:須藤真澄出版社:エンターブレイン 須藤真澄さんの描く、庶民的な暮らしの中に不思議を織り込んだ日常系ファンタジー。庭先案内としては最終巻ですが、タイトルを毎回変える形で …

ヤク

テンジュの国 4

テンジュの国 4 KCデラックス 著:泉一聞 出版社:講談社 競馬祭に参加したカン・シバ達、祭りではカン・シバは早駆けに出場し、優勝してラティにマーモットをご馳走しようと頑張りますが、優勝を逃します。 …

浜辺

水は海に向かって流れる 3

水は海に向かって流れる 3 KCデラックス 著:多島列島 出版社:講談社 二巻では直達の父が雇った探偵の調査により、榊の母親の居場所が分かりました。 しかし母親の不倫相手だった直達の父の罪悪感を軽くし …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。