漫画

ゴブリンスレイヤー 第十五巻 あらすじ・感想

投稿日:2021年10月6日 更新日:

馬と草原
ゴブリンスレイヤー 15

著:蝸牛くも
画:神無月登
出版社: SBクリエイティブ GA文庫

ゴブリン退治しかしない変わった冒険者、ゴブリンスレイヤーの物語、第十五弾。
今回は姫を探しに来たという馬人(ケンタウロス)の少女の依頼で、ゴブリンスレイヤーたちは水の街へと向かいます。

ゴブリンスレイヤーは、いつも通りゴブリン退治をします。

広告

冒頭部分 あらすじ

ギルドの酒場、馬人の女給と話していた重戦士は「姉上から離れろ」と突然馬人の少女に斬りかかられる。

鼻息の荒い少女を宥め、その場をなんとか治めてギルドの一室で話を聞けば、彼女の部族の姫が大剣を背負った冒険者に誘われ草原を出た後、行方が分からなくなったという。

大剣を背負った冒険者など掃いて捨てる程いる。
黒い剣士、そう呼ばれた伝説の剣士に憧れ、その跡を追った者は数知れない。
かくいう重戦士もその一人だ。

馬人の娘、馬玲姫(バートル)の言葉に呆れつつも、重戦士はゴブリンスレイヤーに話を振った。
彼らの一党は人探し等の都市探索(シティーアドベンチャー)は得意ではない。

重戦士に借りのあったゴブリンスレイヤーは、仕事を引き受ける事にしたのだが、その事で浮かんだ疑問を投げかける。

「何故俺なのだ?」
「腕っこきの斥候(スカウト)は他にいないからな」
「…………俺は戦士のつもりでいるのだが」

その言葉を聞いた妖精弓手はたまりかねて噴き出した。

感想

草原からやって来たケンタウロスの少女、今回は彼女の願いである部族の姫の救出をゴブリンスレイヤー達は引き受けます。

物語当初、ゴブリン退治しか請け負っていなかったゴブリンスレイヤー。
彼も妖精弓手等の影響で少しづつ変わり、彼自身その事を戸惑いながらも感じているようでした。

また今回の馬玲姫たち、ケンタウロスについては彼女の暮らす集落の様子が直接描かれた訳ではありませんが、モンゴルで暮らす遊牧民が思い浮かびました。
羊を引き連れ草原を移動しながらゲルで暮らす人々。

馬玲姫たちもそんな暮らしをしているのだろうな。
そんな事を読んでいて想像しました。

広告

まとめ

作中、馬人の少女達によるレースの様子も描かれました。
アレはやっぱり今、人気のアレへのオマージュなのかな。
あと、黒い剣士のくだり、触れられたのはほんの少しでしたが読んでいて泣きそうになりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※イメージはPixabayのErdenebayar Bayansanによる画像です。
広告

-漫画
-, , ,

関連記事

銃と女性

ビューティフルプレイス 第一巻 登場人物・あらすじ・感想

ビューティフルプレイス 1 ヒーローズコミックス わいるど 著:松本次郎 出版社:小学館クリエイティブ 内戦下の日本。 不戦中立都市・N崎市にある清進女子高等学校に転校した二回生の花沢シモン(はなざわ …

ダルメシアン

DOG SIGNAL ドッグシグナル 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

DOG SIGNAL ドッグシグナル 3 ブリッジコミックス 著:みやうち沙矢 出版社:KADOKAWA 藤原と話し、体罰以外の方法を模索し始めた眞一郎。 彼の元で一人前のドッグトレーナーを目指す事を …

図書館

税金で買った本 第三巻 登場人物・あらすじ・感想

税金で買った本 3 ヤンマガKC 原作:ずいの 漫画:系山冏 出版社:講談社 図書館でのバイトしているヤンキー少年の石平紀一(いしだいら きいち)を中心に図書館の仕事のあれこれを描いた作品、第三巻。 …

女子トイレ

よふかしのうた 第四巻 登場人物・あらすじ・感想

よふかしのうた 4 少年サンデーコミックス 著:コトヤマ 出版社:小学館 吸血鬼、桔梗セリ(ききょう せり)を好きになった男、メンヘラさん(秋山 昭人:あきやま あきひと)。 コウはそのセリとメンヘラ …

壁

ヴィンランド・サガ 第二十一巻 第百四十九話 あらすじ・感想

ヴィンランド・サガ21 アフタヌーンKC 作:幸村誠 出版社:講談社 ヨムスボルグ城砦と対峙する、トルケルの陣営に辿り着いたトルフィンは、そこでエイナル、レイフと再会する。 シグルドからグズリーズが砦 …

DMMコミックレンタル

広告
広告
田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。