漫画

ヴィンランド・サガ14

投稿日:2019年2月9日 更新日:

波ヴィンランド・サガ14 アフタヌーンKC
作:幸村誠
出版社:講談社

ケティルの農場を奪うためのクヌートの策略から始まった戦いは、トールギルによる奇襲など有ったものの、王側の一方的な勝利で緒戦を終えた。

一方、アルネイズの死を経て、平和の国を作ることを彼女の墓に誓ったトルフィン達は、レイフと共に農場を離れようとしていた。

広告

第94話 降伏勧告

あらすじ
戦いは農場側に甚大な被害をもたらし幕を閉じた。
クヌートは兵に略奪を禁じ、降伏の使者を送る。
血塗られた道を歩むクヌートに、スヴェン王の首が語り掛ける。
首は楽土建設のため死を積み上げるクヌートを首は正しいと肯定する。
彼の目には、進む道が積み上げられた躯で出来ているように見えていた。

その頃、農場側では戦いを続けるか、降伏するか話し合いが成されていた。
トールギルは戦いを続ける事を望んでいたが、スヴェルケルにより待ったが入る。
それを決めるのは、ケティルが負傷し意識が無い今、家を出たトールギルでも、隠居した自分でもなく、当主代理のオルマルだとスヴェルケルは言った。

オルマルは降伏を選択する。
トールギルは、戦の始まりはお前だっただろうと話す。
オルマルはそれを認め、馬鹿にされカッとなり、短慮を起こしたことを詫び、自分で始めたことは、自分で終わりにしたいと口にする。

戦を続けたいトールギルは、お前はあの時、名誉を守った。
一度守ったものは守り通し、ノルドの勇気を示せという。
オルマルは差し出されたトールギルの手を振り払い、あんなもん勇気じゃねぇと叫ぶ。

「自分は!王の前でしくじった!
嗤われて当然の馬鹿で無能な男だ!
なのに……なのに……オレには……
だまって嗤われる勇気がなかった……!!」

オルマルは嗤いたければ嗤えと、再度降伏を口にした。
スヴェルケルは決定を確認し、王に農場側の意思を伝えるよう指示する。
蛇はオルマルに同行することを申し出、オレは嗤わないと話した。

トールギルはやってられねぇと、家を後にする。
スヴェルケルは、意識の無いケティルに語り掛ける。

「大きすぎる富は災いを呼ぶ。
だが無駄に失う訳ではない。
農場と引き換えにお前の倅は男になった。」

一方、出航準備を終え船を出そうとするレイフ。
そんな中、トルフィンはこのまま船出していいのか迷っていた。
まだ間に合うんじゃないか?
彼は桟橋を振り返り、決める。

「ちょっと……忘れ物…」

感想

今巻はあらすじに書いたオルマルの啖呵の他にも、名シーンの連続です。

トルフィンの賭け、クヌートとの対話を通して、涙腺を刺激する場面が続きます。
ですが、一番の見どころは、ユルヴァが見せた怒りのアッパーです。
聖闘士星矢を彷彿させる見事な一撃でした。

トールズの血を一番色濃く引いているのは、ユルヴァなのかもしれません。

ヴィンランドサガ・サガ(15)あらすじ・感想

広告

-漫画
-, ,

関連記事

カモメ

ゴールデンゴールド 3

ゴールデンゴールド 3 モーニングKC 作:堀尾省太 出版社:講談社 スーパーを営む岩奈は、同級生の梶刈にコンビニへの嫌がらせを頼みます。 しかし、フクノカミの操る巨大な生物の力で、梶刈の部下が暴走。 …

赤べこ

ざつ旅 -That’s Journey- 1

ざつ旅 -That’s Journey- 1 電撃コミックスNEXT 著:石坂ケンタ 出版社:KADOKAWA 漫画家志望の大学生、鈴ヶ森ちかがSNSでのアンケートを元に日本各地に旅に出ま …

クマ

雪女と蟹を食う 5

雪女と蟹を食う 5 ヤンマガKC 著:Gino0808 出版社:講談社 北海道の書店で見つけた彩女の夫が書いたと思われる小説。 北は彩女の事が知りたくて彼女を一人ホテルに残し、小説を買う為夜の札幌に飛 …

本

空挺ドラゴンズ 7

空挺ドラゴンズ 7 アフタヌーンKC 著:桑原太矩 出版社:講談社 捕龍船「クイン・ザザ」号。 この巻では、その捕龍船に乗る個性豊かな面々の日常が描かれました。 あらすじ感想まとめ あらすじ 龍を求め …

英字の本

カイニスの金の鳥 1

カイニスの金の鳥 1 著:秦和生 出版社:イーストプレス 牧師の娘リアは幼い頃から物語を愛し、自分でも創作を続けてきました。 しかし、19世紀初頭のイギリスでは女性が物語を書く事自体がそもそも常識の埒 …

田中
読んだ本の紹介等しています。
本を選ぶ際の一助になれば幸いです。